役員の社会保険料削減手法 本当の効果を検証してみた

負担が大きい社会保険料について、ネットで調べると様々な削減手法が検索できます。

その中でも、知る人ぞ知る?役員向けの社会保険料削減手法について、本当の効果を検証してみました。

役員向けの社会保険料削減手法とは?

まず、役員向けの社会保険料削減手法について説明します。

社会保険料は、毎月の給料と賞与に掛かるのですが、青天井に掛かるのでありません。

一定の給料や賞与(本記事では、「対象外ライン」と表現します)までが社会保険料の対象です。

対象外ラインを超える部分については、社会保険料が掛かりません。

(対象外ライン)

健康保険料

介護保険料

厚生年金保険料
給料 1,355,000円以上 635,000円以上
賞与 5,730,000円以上 1,500,000円以上

※賞与については、健康保険料と介護保険料は年間の額、厚生年金保険料は月間の額です。

社会保険料の削減は、この対象外ラインを利用する方法です。

削減のイメージは、次のような感じです。

(対象外ラインは給料と賞与で違いますが、イメージを掴んで頂くため同額としています。)

給料の支給額を減らし、減らした分を賞与として支給します。

すると

・給料が減った分、社会保険料が削減される。

・賞与を支給した分、社会保険料が増えるが、対象外ラインを超える部分は社会保険料が掛からない。

状態になり、トータルで社会保険料の削減を図ることができます。

ちなみに役員への賞与は、通常は経費になりませんが、税務署へ事前に届出を行うなど決められた手続きを行えば経費になります。

社会保険料削減の本当の効果

前提条件

それでは、どれぐらい社会保険料を削減できるか検証してみましょう。

前提条件は次の通りです。

月額100万円の給料(役員報酬)を

・月額10万円に減額

・月額30万円に減額

・差額は賞与(年1回支給)で調整

以上2パターンの試算を行います。

社会保険料の削減額

社会保険料の計算方法は紙面の都合上省略させて頂くとして、結果は次の通りです。

※社会保険料は東京都の場合

試算1と試算2で、賞与の社会保険料が変わらないのは、先ほど説明しました対象外ラインの効果が出ている、ということです。

月額の給料を10万円にまで抑えると、社会保険料を5割以上も削減できることになります。

月額の給料が30万円でも削減は出来ていますが、ビックリするほどの効果ではありません。

しかも、社会保険料は、会社と役員がそれぞれ同額を負担することになっています。

(厳密には、会社だけ負担するものがありますが、少額なので無視します。)

会社と役員を合わせて考えると

・月額の給料を10万円にすれば、年間1,427,322円(713,661円×2)

・月額の給料を30万円にすれば、年間706,362円(353,181円×2)

社会保険料を削減できることになります。

ただし、これで喜ぶのはまだ早いのです。。

本当の削減額

社会保険料が削減されると、税金に影響します。

個人が負担した(給料などから天引きされた)社会保険料は、給料などから差し引きして税金を計算しますし、会社が負担した社会保険料は、経費として利益から差し引かれます。

つまり、個人も会社も、社会保険料が削減された金額に応じて、税金が増えるのです。

したがって

本当の削減額 = 社会保険料の削減額 ー 税金の増加額

となります。

それでは、早速試算してみます。

税金の増加額を試算したものは次の通りです。

※個人の税率は33.4%、法人税率は33%として試算

税金の増加額を考慮した本当の削減額は次の通りです。

本当の削減額を眺めてみると、月額10万円にすれば、会社と個人を合わせて年間100万円近く削減できますが、月額30万円の場合では年間50万円弱です。

まとめ

役員向けの社会保険料の削減手法の一つである、給料の賞与化による本当の削減額を検証しました。

削減効果を多いと見るか、大したことないと見るかは意見が分かれそうです。

実は資金繰り面と税務面で重要なポイントがあります。

近いうちに記事にしたいと思いますが、重要なポイントが何か、想像してみてください。

これを知ったら、実行するのを止めたくなるかも・・・?

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

重要なポイントのヒントは、賞与にまつわることです!

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!