親近感と馴れ馴れしさは紙一重 コミュニケーションの取り方について思ったこと

お客様とコミュニケーションを取る際、親近感は円滑になる要素です。

難しいのは、それが行き過ぎると馴れ馴れしさに繋がるところです。

違和感の正体

筆者が最近経験したことです。

とある手続きの為に、役所に訪問した時のことです。

その際、相談に乗っていただいた方の応対に、違和感がありました。

違和感の正体を改めて考えてみたところ

・親近感を演出しようとしている

・妙に馴れ馴れしい

・土足で踏み込まれている気がする

・専門用語を早口で喋る

が思い浮かびました。

親近感の演出

コミュニケーションを取る際、親近感は円滑になる要素です。

親近感があれば

・話している方は、安心して話すことができる。

・思わぬ本音を聞くことができる。

といった効果が期待できます。

だからといって、親近感を演出すると、違和感が生じます。

コミュニケーションの取りはじめの段階で

・タメ口で会話をする

・会話の中で、聞き手がついていけないタイミングで笑いが入る

・まるで親から言われているような物言い

のような、親近感を演出するようなことは、むしろ違和感が生じます。

親近感は信頼感から生まれるもの

親近感は、作り出すものではなく、信頼感から生まれるものではないでしょうか。

もっと言えば

親近感=信頼感

じゃないか、と思っています。

筆者が考える、親近感(信頼感)が生まれるポイントは

・やるべきことを当然のようにこなす

・与えられた課題に真摯に向き合う

・あくまで対等の立場で話し合う

・相手の心情を思いやる

・間違いがあれば、素直に認める

ではないかと思います。

違和感を生まない為に

親近感を演出したが為に、違和感を生んでしまっては元も子もありません。

違和感を生まない為には

・適度な距離感を保つ

・会話は、ですます調で

・会話のなかで、変な笑いを織り込まない

(自然と生まれる笑いはOK)

・幼子に話すような話し方はしない

を心がけると良いのでは、と思います。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

定期検診を受けてきました。

検診を受けるたびに、メタボと言われるのを恐る私。

腹囲を測られる際、お腹に力を入れる(凹ませる)と

「リラックスして下さいね〜」とのお声が。。。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!