茶会に参加して気付いたこと

機会があり、茶会に参加しました。

過去にも1,2回参加したことがあるのですが、今回参加して改めて気づいたことがありました。

茶道を学んでいない、素人目線の言葉遣いや意見であることを先にお断り(言い訳?)しておきます。

守るべき作法が沢山ある

茶道には、もてなす側とされる側が存在します。

そして、もてなす側(亭主)にも、される側(客)にも守るべき作法が存在します。

お茶をたてる様子を拝見していると、茶道具の持ち方や使用するタイミング、所作など、かなり細かく、かつ多数の作法があることが窺い知れました。

一方の客についても、亭主ほどではありませんが作法があります。一例として、お茶や菓子を頂く前に隣席の客人に挨拶をする、茶碗を持ったら仰ぐように少し上げるなどがあります。

作法を覚える、訓練するとなると、亭主側の方が相当の努力、修練が必要と感じました。

意図をもった道具選び

お茶会には茶碗や釜、掛け軸など多数の茶道具が登場します。

多数の茶道具があるということは、組み合わせも無限です。

主に季節や茶道具の色などのバランスを考慮して組み合わせを行っているようです。

茶道具の中に掛け軸があり、?と思われるかも知れませんが、茶会に対する亭主の思いを言葉にしたものを選んでいるそうで、大事な茶道具の一つのようです。

登場する茶道具は、亭主の客人に対する思いから選ばれているのです。

全ては、お客様とのひと時を大事にするため

守るべき作法や、意図をもった道具選びは何のために行うか。

それは、もてなす側として誠心誠意おもてなしをする。客とのひと時を一瞬たりとも疎かにしない、その考えを体現しているのだと思います。

そして、おもてなしを受ける客人にも、もてなす側の誠心誠意を最低限受け止めることのできる振る舞いが必要でしょう。

このことは、何も茶道に限ったことではなく、自分の仕事にも通じることだと感じました。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!