【2018年度税制改正大綱】小規模宅地等の特例のうち家なき子への締め付けが強くなる

2018年度(平成30年度)税制改正により

小規模宅地等の特例について、無視できない改正が

されることになりました。

小規模宅地等の特例の意味や

改正の内容についてまとめてみました。

小規模宅地等の特例とは?

小規模宅地等の特例とは、ざっくり言うと

相続税を申告する際の財産の価格を

80%(または50%)引きにすることができる

制度です。

相続税の申告とは、故人の財産がいくらだったのか

その結果、税金(相続税)がいくら掛かるのかを

税務署に申告することを言います。

相続税の大小は、申告する財産の金額の大小に

比例します。

そのため、小規模宅地等の特例を使うことができると

相続税を大幅に減らすことができます。

この特例を使うことができる財産は

・故人の自宅があった土地

・故人の事業(含む不動産業)で使ってた土地(この記事の守備範囲外)

などです。

条件を満たす人が相続すると特例が使える

小規模宅地等の特例は

一定の条件を満たす人がその財産を相続すると使える

特例です。

故人の自宅があった土地の場合

一定の条件を満たす人は、次の3パターンです。

・故人の配偶者(この記事の守備範囲外)

・故人と同居していた親族(この記事の守備範囲外)

故人と別居していた親族

以下、故人と別居していた親族について

詳しい条件を並べてみます(表現はかなりざっくりです)。

(故人の条件)

日本に住んでる

配偶者がいない

相続人と同居してない(相続人以外との同居はOK)

(土地を相続する方の条件)

相続税の申告期限まで土地を手放さない(申告期限後に手放すのはOK)

相続開始前3年以内に、自分の持ち家に住んだことがない

特徴的な条件が、持ち家を持っていない人なので

故人と別居していた親族のことを「家なき子」と

表現されることが多いです。

(実際には、家があっても子でなくても条件を

満たすことがあるので、正しい表現とはいえないのですが。。)

自分の持ち家

正確には、所有者が

1.その人

2.その人の配偶者

のいずれかである家屋のことです。

ただし、相続開始の直前において、故人の自宅として

使われていた家屋は除きます。

これまでのルール 国からみた問題点

故人と別居していた親族が

小規模宅地等の特例を使いたいと思ったとき

相続開始前3年以内に、自分の持ち家に住んだことがない」

という条件が障害になることが多いです。

特例を使いたいと思っている人に持ち家があると使えないためです。

でも、ちょっとした工夫で、この条件を満たすことが可能でした。

たとえば次の場合は、いずれも小規模宅地等の特例が使えます。

・持ち家から故人が所有する家に引っ越して、3年以上経ったところで相続が開始した。

・持ち家を故人に買い取ってもらって、その家に引き続き住み続けているうちに相続が開始した。

改正案について

改正案では、次の2つのルールが追加されました。

✔ 相続開始前3年以内に

・その者の3親等内の親族

・その者と特別の関係のある法人

が所有する家屋に住んだことがない方

✔ 相続開始時に住んでいる家屋について、過去に所有歴がない方

これら2つのルールが追加されるとどうなるか

さきほどの「ちょっとした工夫」に当てはめて考えてみましょう。

・持ち家から故人が所有する家に引っ越して、3年以上経ったところで相続が開始した。

→故人が3親等内の親族(たとえば親と子、祖父母と孫)だとダメ

・持ち家を故人に買い取って貰って、その家に引き続き住み続けているうちに相続が開始した。

→過去に所有歴があるのでダメ

となり、何れの節税策も封じられてしまいました。

これら2つのルールが追加されたのは

「ちょっとした工夫」のような節税策が

実際によく使われていて、目立っていたからだと思われます。

とはいえ、まだ完全に節税策が封じられた

わけではなさそうにも見えます。

このあたり、国と納税者とのいたちごっこに

なりそうな予感がします。

改正案はいつから?

改正案は、2018年4月1日以降の相続または遺贈により

取得した土地に適用されます。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

最近、2千円札を頂く機会が2度もありました。

随分ときれいな2千円札で、あまり使われた形跡が

ない感じ。

なんとなく、お札に信用度を感じないのは

筆者の気のせいか、それとも。。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!