社会人が受ける資格試験 効率的な学習方法を考える

時間のない社会人が、どうすれば資格試験に合格できるか。

過去の経験から考えてみました。

最初はなんとなく理解でヨシとする

完全に理解するまで次のテーマに進んではいけない。

勉強していると、このような考え方に陥りがちです。

一つのテーマを完全に理解するまで踏みとどまっているよりも

何となく分かった気になったら、次のステップに進んだ方が良いです。

理由は次の2つ

(1) 試験の全体像をなるべく早い時期に把握する。

(2) 完全に理解するまで読み込んでも、大抵すぐ忘れる。

特に、独学で勉強している場合、(1)はとても重要です。

理解だけでは試験に合格できません。

理解したことを自分のものとするために、次のアウトプットが大事です。

理解とアウトプットを繰り返す

何となく理解できたら、次のステップとして、直ぐにアウトプットを行ってみます。

基礎知識を確認するレベルが良いです。あまり高度な問題は解けない可能性があるので

心が折れやすくなります。

学習直後にアウトプット→1時間後にアウトプット→食事後にアウトプット

→1日後 のように、アウトプットを繰り返します。

繰り返しの間隔は、個人差があるので自分に合った間隔を探します。

アウトプットできたら、次のテーマに進みます。できなかった部分は、もう一度

理解→アウトプットを行います(できるまで)。

折れない心

理解できなかったり、勉強した内容を忘れていると、心が折れやすいものです。

翌日に忘れていると、自分の無能さに呆れ返ってしまいます。

そして、それがモチベーションを下げたり、勉強への恐れを生みます。

理解できない時は、知らないことを勉強するのだから理解できなくて当然と割り切る。

覚えていなかった時は、人間の脳はもともと忘れやすいと割り切る。

自信を喪失してしまった時は、より基礎的な内容に立ち戻って、自信を回復させるのも

有効です。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!