新宿至近の町で紡がれる伝統 〜染の小道〜

新宿にほど近い町、新宿区中井。

戦後間もない頃、東京は京都や金沢と並ぶ、染物の三大産地として名を馳せていたそうです。

中井は、その東京染物の中心を担った町。その伝統が今も引き継がれています。

先日、この染物を取り上げたイベント「染の小道(そめのこみち)」に行ってきました。

このイベントは、毎年2月末の金曜日から日曜日の3日間にかけて行われているようです。

中井駅へのアクセス

中井駅へのアクセスは、主に次のルートです。

・高田馬場駅より西武新宿線の各停で2駅目

・新宿駅より総武線で東中野→大江戸線の光が丘方面に乗り換えて1駅目

東京メトロ東西線の落合駅から歩いても10分掛かりません。

筆者は落合駅から歩きました。

中井の町中にのれんがはためく

落合駅のホームに降り立つと、駅名案内板に染物をモチーフにした絵柄が。※不覚にも写真を撮り損ねました。

染物の町なのだと感じます。

駅を後にして中井駅方面へ数分歩くと、早速染物ののれんが目に飛び込んできました。

のれんのタイトルは「JAPAN」

富士山に桜と、正に日本を体現するかの様な、鮮やかなのれんです。

更に歩くと、とある郵便局にのれんが。

タイトルは「おたより」

郵便局らしい、想いを配達する様子が伝わってきます。

今度は、とある八百屋さんにて。

一目で八百屋さんと分かるのれんです。

お店の女将さんとお話をしたところ、のれんは普段から掛けているのではなく、このイベントに合わせて掛けているそう。

普段から掛けておけば面白いのにとお話ししたところ、こののれんは作家によるギャラリーの意味があり、購入もできるとのこと。

更に歩を進めます。お蕎麦屋さんが見えてきました。

小ぶりののれんがよくマッチしていますね。実用的な感じがします。

このような感じで、中井の町にのれんが何と116作品も掛かっているそうです。

パンフレットに作家リストが載っていましたが、明らかに外国人と思われる方が5人ほど載っていました。

日本人でも知らない人が多いであろう伝統工芸に心惹かれ、言葉の壁も乗り越え、作家として活動していることに驚きました。

川のギャラリー

染め物は、染料で染めたあと水洗いをしますが、水洗いは妙正寺川で行います。

その水洗いの様子をイメージした、川のギャラリーです。

色とりどりの染め物が川面に映えますね。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、実際に目の当たりにしたところ、圧巻の光景でした。

更に更に

こちらは単色でなくデザインものが目立ちます。

これらはイベントならではの展示ですが、昔はこのような光景が、ごく日常のものだったそうです。

都心にほど近いこの町で、都会的でないものが多数並んでいる様は、考えてみると不思議な光景です。

不思議と言っても、決して違和感があるということではなく、現代に相応しい形に変えて脈々と受け継がれていることに、嬉しさ、気持ちの良さを感じました。

知らないことを見聞きする面白さを改めて感じたイベントでした。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

中井は下町の雰囲気がする町でしたが、おしゃれなパン屋さんや、何故か梅干しやさんなどあり、街歩きして面白い町だと思いました。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!