税理士試験 専門学校は通学、通信教育、DVD、Webのどれが良い?

税理士試験受験のための専門学校は大原、TAC等色々あり、受講形態も通学(教室受講、映像受講)、通信教育(DVD、Web、資料だけ)と沢山あります。

近くに専門学校がないので通学できない場合は選択肢が限られますが、そうでない場合は迷うこともあるかもしれません。

学習形態について、筆者の判断基準を書いてみます。

学習形態別の特徴

独断と偏見で、学習形態別の特徴を表にまとめました。

◎の数が、通学と通信(資料のみ)で一緒ですが、だからと言ってどちらもオススメ、という意味ではありません。

合格に最も必要なことは何か

合格に最も必要なことは何でしょうか。

勉強のセンス、学習時間の確保、教え方の上手な先生など、様々な要素がありますし、これらが有れば合格へより近くでしょう。

しかし、筆者が考える最も必要不可欠な要素は、合格へのモチベーション(動機付け)です。

高いモチベーションが、試験勉強へのやる気を生み、結果に繋がっていきます。いくら時間を掛けても、いくら良い先生に出会っても、モチベーションが低いならば合格はおぼつかないと思います。

教室通学は、最もモチベーションを維持しやすい

教室通学は、最もモチベーションを維持しやすい受講形態です。

何より先生と対面して受講しますし、周りに同じ目的の受験生がいます。受験生は、たいていの者が時間を惜しみ学習しています。これらの要素は、全て自信への刺激となり、モチベーションアップに繋がっていきます。

受講時間が決まっているので時間の制約があることと、物理的に通えない地域では選択できないのが難点ですが、通える方は極力教室通学を選択すべきです。

後述の通信教育は、独力でモチベーションを保てる方は兎も角、意志の強さに自信を持てないと、学習の継続がしんどいかもしれません。

映像通学しか選択肢がない場合

地域、受講科目によっては、教室通学がなく、映像通学のみ開講している場合もあります。

通信教育と変わらないように見えますが、疑問点を講師に直ぐ確認できるメリットがありますし、学校に通うことで気持ちを学習に向ける効果もありますので、映像通学を選択した方がよいです。

通信教育は鉄の意志を持って臨む

通信講座(DVD、Web)は、時間の制約がないのが最大のメリットですが、自宅での学習ですから、自身でモチベーションを保つ工夫が必要です。例えば、W受験仲間が集うサイトに参加してみる、自宅でなくカフェなど環境を変えて学習するなどです。

なお、通信教育には資料のみで講義なしのコースもありますが、独学と何の違いがあるのか、私には分かりません。

費用は選択要素に入れない

表に費用の比較を入れておいて何ですが、専門学校を使うという選択をしたのなら、受講形態別の費用の差など、合格可能性を追求する上で無視して良い要素です。費用の差は選択要素に入れないようにしましょう。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!