第5回銚子さんまマラソンはさんま以外も魅力たくさん

2017年11月19日に開催された、第5回銚子さんまマラソンに参戦してきました。

コースはハーフ(参加費5,000円)と10km(同4,000円)の2種類。

アップダウンが豊富な走り応えのあるコースです。

ゴール後はもちろん、さんまとごほうビールを存分に!

ストレスなく会場へ

さんまマラソンの会場は、千葉科学大学です。

・自家用車

・銚子駅などからシャトルバス

が主なアクセス方法です。

筆者は銚子駅からのシャトルバスを利用しました。

改札を出たら、すぐ左にシャトルバス乗り場があります。

駅ロータリーの右の方にファミリーマートがあるので、朝ごはんや飲み物などの調達がしやすいです。

シャトルバスは、かなり頻繁に運行しているので、多少並んでいても3分ほど待てば乗車できます。全くストレスを感じさせません。

銚子駅から会場までの所要時間は約10分。

ハーフマラソンのスタートは9時半、10kmのスタートは10時からなので、遅くとも8時半に銚子駅に到着すれば、ハーフマラソンに余裕で間に合います。

会場の千葉科学大学はあの・・

会場は、千葉科学大学と、その目の前の敷地です。

あ・・加計学園だ!

まさかこんなところでお目にかかるとは。。

作詞もされているようで。

石板が磨きこまれていて、鏡のようになっていますね。

大学内の建物を存分に利用した更衣室や待機所は、快適そのものです。

大会当日はかなり寒かったので、待機時間を校内で過ごせたのはとても助かりました。

荷物の預り所は体育館の中にあります。

入り口で配布される袋に荷物を詰め、事前に郵送されるタグをくくりつけて預けます。

無料です。

こちらは道路を挟んで大学の向かい側にある広場です。

会場はゆったりとしたつくりです。

マラソン大会定番の物販ブース、飲食店ブースなどがあります。

和太鼓の演奏で気分も盛り上がります。

ゲストランナーはM高史さんでした。快く写真撮影に応じていただきました!

(掲載許可をいただいています。)

ホント、川内さんに似てますねぇ。

ゼッケン、微妙に外してますね。玉でなく王になってる。。

ゴール後はさんま!激混み!!

マラソンをゴールした後は、早速さんま・・・あれっ??

めちゃくちゃ並んでるじゃないですか。

昨年も並ぶには並びましたが、10分待てばさんまにありつけました。

今年は、なんと30分以上も寒空の下で待つことに。

周りの人の話を聞くと、どうもマラソン参加者以外の一般の方も頂けるとのことで、それが原因かもしれません。

幅50mほどの場所で、大きいU字溝をズラッと並べて焼き場をつくり、一斉にさんまを焼いている様は壮観です。でもちょっとケムい。
髪の毛やら服やらが、さんまの匂いに燻される感じです。

さんまがごろっと並べられて、一斉に炭火焼。美味しそう!

苦節30分ちょっと。ついにさんまをゲットしました!

大根おろしに、地元のヤマサ醤油をかけていただきます。もちろんごほうビールも欠かさずに。

さんまは、例年よりやや小ぶりな気がしますが、とても美味しかったです!

焼き場のおっちゃん曰く、さんまのお代わりができるそう。

アップダウン多いが海岸線が気持ちいいコース

最後にコース紹介です。

(出典:銚子さんまマラソン公式HP)

ハーフマラソンは、主に海岸線を北上して銚子駅付近で折り返して戻ってくるコースです。

ハーフマラソンのコースはアップダウンが多いです。

スタートして2kmほどで結構な急坂が待っています。(これは10kmも同じ。)

(出典:銚子さんまマラソン公式HP)

ポイントは、折り返した後の11kmから12kmの登り区間(清水坂上付近)かと。

皇居ランコースの、竹橋から乾門にかけての上り坂が延々と続くようなイメージです。

ここを乗り切れば、ゴールまでの道のりが見えてくる感じです。逆に、ここで足を使ってしまうと、その後の海岸線ランが果てしなく長く感じることになります。昨年の筆者がそうでした(・・;)

給水は6箇所で、水とスポーツドリンクがあります。

4km、7.5km、10km、13.5km、17km、20kmの各地点にあります。

捕食もあります。

筆者は食べてないのでうろ覚えですが、場所はたしか13.5km地点、地元名産のぬれせんべいがあったと思います。

コース幅は、一部に若干狭い(道幅4mぐらいの)ところがありますが、スタート直後以外は狭さを感じず、ゆとりを持って走ることができます。

そして何よりも、地元の方達(特に子供と中高生)の声援が、とても温かくて心強いです。

あちらこちらでハイタッチ ( ^-^)/ \(^-^ )

まとめ

場所が銚子のため、アクセスには苦労します。

その分、さんまはもちろんのこと、スムーズで参加者のことを考えた運営、地元の方の温かさなど、魅力が一杯の大会です。

筆者にとって、毎年必ず参加したい大会の一つです。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

筆者の結果はこんな感じでした。

欲を言えば、50分を切りたかったです。前半を大事に行き過ぎました。

でも、このコースでこのタイムなら、満足です!

九州場所は千秋楽を待たずして優勝が決まりました。

さすがの白鵬ですが、他の力士にももうちょっと頑張って欲しかったです。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!