土地取引調査票が届いた場合の対応の方法

不動産の売却を行うと、国土交通省よりアンケート調査の協力依頼が来ることがあります。

このアンケート調査、予告なく突然やってくることもあり、ついつい怪しんでしまいます。

本記事では、アンケート調査の目的や情報漏れの危険性、アンケート結果の使い道などをまとめてみました。

アンケート調査の目的は?

アンケート調査の目的は

・不動産取引価格情報の提供

・公示地価や基準地価の判定材料

に使用することです。

目的①不動産取引価格情報の提供とは?

不動産取引価格情報の提供とは、取引の事例を公表することで

・取引の際の参考

・透明性アップ

・信頼性アップ

につながることを期待して行なっているようです。

目的②公示地価や基準地価の判定材料とは?

公示地価や基準地価は、時々耳にする言葉だと思います。

・公示地価・・・毎年1月1日現在の価格を国土交通省が発表

・基準地価・・・毎年7月1日現在の価格を都道府県知事が発表

という違いがありますが、公示地価にはもう一つ大事な機能として

・路線価

・固定資産税の基になる評価額

の目安にもされています。

つまり、アンケートに答えると、路線価・固定資産税のアップ(またはダウン)に繋がる可能性がある、ということです。

情報漏洩の心配は?

アンケートの回答で心配になるのが、情報の流出・漏洩です。

実際に、2017年6月にwebによるアンケート回答につき情報の流出が起きています。

国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

ただし、郵送によるアンケート回答については情報流出は一切おきていないとのこと。

※2017年11月24日現在、webによるアンケート回答はできません。

アンケートの内容

アンケートの正式な名前は「土地取引調査票」というA4で1枚のものです。

売買契約書があれば、簡単に記入できる項目ばかりです。

表面はこちら。

地番や地積など、土地の基本情報は最初から印字されています。

記入例もついています。

裏面もあります。

こちらも記入例がありますので、参考にしながら記入していきます。

アンケート結果はこんな感じで情報提供されている

アンケート結果は、国土交通省より「不動産取引価格情報検索」という形で情報提供されています。

試しに、筆者の地元で検索してみました。

・・・ちょっと小さいので、左半分だけ拡大してみます。

個人情報が伏せられた形式で公開されているのがわかります。

面積も数字を丸めてあるので、特定ができないようにしているようです。

こうやって見ると、突出した取引を除けば、この地域の相場は坪200万円前後だということがわかります。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

九州場所は千秋楽に向けて盛り上がって・・と言いたいところですが、盛り上がっていない気がします。

とはいえ、白鵬を1敗差で追いかける力士が2人もいるので、好取組を期待したいところです。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!