収入、所得… 図を使って、意味の違いを正しく理解する

よく聞く言葉だけど正しく理解できていない。税金の世界に限らず、そのような言葉は多いです。

今回は、税金の中でも所得税に関して、比較的よく登場する収入、所得について取り上げます。

1. まずは図でなんとなく理解

上の図は、収入、所得などの言葉の関係を図にしたものです。

「収入」から「経費」を引くと「所得」

「所得」から「所得控除」を引いたもの(=課税される所得)に「税率」を掛けると「税金」が計算できる、ということです。

2. 言葉の意味は、置かれた立場で若干違う

これらの言葉、例えば「収入」を一つ取っても、サラリーマンと自営業者とでは、意味するところが少し違います。

以下、言葉の意味について、置かれた立場を踏まえて、詳しく説明します。

3. 収入とは

(1) サラリーマン、パート、アルバイトの場合

税金や社会保険を差し引く前の給料や賞与のことです。年収は?と聞かれた場合に答える金額のことでもあります。

収入には、基本給は勿論のこと、家族手当などの諸手当を含みます。但し通勤手当は、殆どの場合において含みません。

(2) フリーランスの場合

お客様に商品を売ったり、サービスを利用して貰った見返りとして頂く代金のことです。よく「売上」「収益」「年商」と表現されることが多い金額です。

(3) 年金受給者の場合

年金額振込通知書や、年金額改定通知書に記載されている「年金額」のことです。

因みに、遺族年金については非課税(=税金をかけないこと)とされていますので、どれだけ貰っていても、税金の考え方としては、収入ゼロとして取り扱われます。

4. 経費とは

経費とは、収入をあげるために必要な支出のことを言いますが、立場によっては、実際に掛かった支出ではないものを「経費」と扱うこともあります。

(1) サラリーマン、パート、アルバイトの場合

考え方は2つあり、いずれか有利な方を選ぶことができますが、圧倒的に前者(①)の方を採用していることが多いです。

① 計算式により求める方法

収入に一定の計算式を当てはめて求める方法です。

例えば次のような感じになります。

・収入103万円以下 → 一律65万円

・収入800万円 → 200万円

なお収入が1,200万円以上の場合は、仮に収入が5億円でも、一律230万円です。

(平成28年の場合)

② 実際に掛かった支出を集計する方法

経費の本来の考え方に近い方法です。

サラリーマンとして必要な支出を集計すれば良いのですが、この「必要な支出」が実は決まっていて、何でも良いわけではないのがミソです。詳しくは、別の機会に触れたいと思います。

(2) フリーランスの場合

売上を獲得するために必要な仕入れ、給料、家賃などの費用のことです。

経費に含める、含めないの判断は、それだけでも長文になりますので、別の機会に書きたいと思います。

(3) 年金受給者の場合

年金受給者の場合は、サラリーマンの場合の①と同じく、年金額に一定の計算式を当てはめて求めます。

計算式が65歳以上と65歳未満の2パターンあり、65歳以上の方の方が金額が大きくなります。

例えば次のような感じです。

・年金額が100万円の場合

→ 65歳未満は70万円、65歳以上は100万円

・年金額が150万円の場合

→ 65歳未満は75万円、65歳以上は120万円

年金を得るための経費は、実際には殆ど掛からないと思われますので、上記の取扱いは、年金受給者に対する政策的配慮によるものと考えられます。

5. 所得とは

全ての立場の方共通で、収入から経費を差し引いたものを「所得」と呼んでいます。

この「所得」が38万円以下の場合、他の方の扶養に入ることができます。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!

コメント

  1. […] 収入、所得… 図を使って、意味の違いを正しく理解する […]