フリーランスがブログを書く意義

ブログを書き始めて一週間になります。

毎回、何を書けば良いのか悩みながら書いていますが、いくつか気付いたことがあります。

note_image

自己分析、自己表現

一番強く感じていることです。

例えば、私の視点で考える税金の記事を書くとします。

そうすると、自分の中では意外だったのですが、言葉が出てこないのです。

これまで10年以上、税理士の仕事を続けてきて、その折々のお客様のニーズに応えることができていた、それだけのノウハウが自分にはあると考えていました。

それにも関わらず、表現する言葉が出てこないのです。

なぜでしょう?

この「なぜ?」が、改めて自分自身を分析することになっています。

自分という商品を、何となくではなく、明快に表現出来るためにはどうすれば良いか?

苦しいながらも、楽しいものです。

世の中のニーズを探る

ブログを書く側になって初めて気がついたのですが、どのような方がブログを見て頂いているのか、どういったきっかけ、キーワード検索で見て頂いているのか、ある程度分かります。

(個人情報は分かりませんので、ご安心ください。)

私の場合、昨日までの記事で累計6本ですが、それでも各記事でアクセス数が違います。

今後、様々な記事を重ねていった時に、もっと様々な傾向が見えてくると思います。

仕事のトレーニングになる

現状の私は、分かりやすい文章を書くことができているとはとても言えません。

それでも、文章を書くにあたって、要点を簡潔に述べる、長文にならないようにする、主観的でなく客観的に分かりやすい文章にする、等を意識しています。

この意識は、ブログに限らず、普段の仕事にも通ずるものがあると思います。

例えば、お客様へ送信するメール、提案書、報告書など。

ブログを書くことにより、いわば仕事のトレーニングをしているようなものです。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!