住民税の納税をクレジットカードで Yahoo!公金支払い

お勤めの方で副業をお持ちのや、自営業の方は、自身で住民税(都道府県民税・市町村民税)の納税を行っています。

納税の手間を省くには、口座振替が便利ですが、クレジットカードで支払う方法もありますよ、というお話です。

まず準備

次の2点を準備します。

・住民税を支払うクレジットカード

・住民税の納付書

Yahoo!公金支払い

Yahoo!サービスの中に、公金支払いというサービスがあります。こちらを選択します。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

手続き

納付書に記載されている「納付番号」「確認番号」と、クレジット情報を、画面の指示に従って入力していけば納税手続き完了です。

メリット

納税のために銀行やコンビニに出向く手間が省けます。また、クレジットカードの利用履歴(クレヒス)を積み重ねたい方にとっては、比較的高額な支払いをカード払い出来る点が魅力的です。

デメリット

(1) 納税できる市区町村が限られている

東京都の場合、こんな感じです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-23-37-20

記載のない市区町村は対象外です…。

(2) 手数料が掛かる

納税金額が1万円までは無料ですが、1万円を超えると手数料が掛かります。

2万円以下で108円、3万円以下で216円…といった具合です。

結局のところ

クレジットカードによる納税にメリットを感じるためには、納税が1万円以下の場合や、どうしてもクレヒス稼ぎをしたい場合に限られるようです。

今後、使える市区町村の範囲が広がること、手数料が安くなることを期待したいです。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!