自分の会社へ貸した金に相続税が掛かる 納得いかない理由が相続税対策につながる

諸々の理由で、自分の会社へ貸したお金。

中々回収できないだけならいざ知らず、そのお金に相続税が掛かるなんて、あまりにも理不尽で納得がいかない気がします。

その、納得がいかない気持ちの原因が、相続税対策のヒントになるかもしれません。

貸した金は財産

自分の会社も含めて、貸した金は財産です。

財産の名前は「貸付金」。

いつか返してもらえる、お金に替わるはずだからこその財産です。

納得がいかない理由

貸付金=財産=相続税の対象、というのは、理屈で分かる。

けど、それでも納得がいかない、腹に落ちない原因は、例えばこんな理由ではないでしょうか。

理由1:手元からお金が無くなっているのに、更に税金を取られるなんて納得いかない。

理由2:会社の業績がそれほど順調でないし、貸したお金が返ってくる見込みも保証もない。なのに税金が掛かるなんて。。。

理由3:自分の会社だから、資金を突っ込んで必死でやってきた。なのに更に税金をかけるなんて、意味が分からない。

理由別対処方法

自分の会社へ貸したお金に相続税が掛かることが納得いかない場合は、こんな対処方法もあります。

理由①の対処方法:お金を返してもらう

→ お金がないと、相続税を払うこともできませんし、困ってしまいます(相続人がお金を持っていれば別です)。

会社からお金を返してもらえるなら、この問題は一応クリアできますね。

理由②の対処方法:債権放棄を行う

業績がそれほど順調でないなら、そんな簡単にお金を返してもらうことはできないのが実情です。

この場合、返してもらうことを諦めることができるなら、債権放棄という手があります。

自分の会社に対して、「貸したお金はもう返さなくていいですよ」と宣言するのです。これで、貸付金という財産は消滅します。

口で宣言するのも何だか変ですから、書面にして残します。

できれば、最寄りの公証役場に書面を持って行って、確定日付という印鑑(手数料700円)を押してもらうと、ベストです。

ただし、自分の会社の立場でみると

返さないといけないお金が返さなくて良くなった=利益

なので、手放しで喜べないところです。

実際に債権放棄をする場合は、次のことを検討しつつ行うのがおすすめです。

・自分の会社に繰越欠損金(=過去の赤字)があるから、その範囲内で債権放棄。(繰越欠損金と利益は相殺できます)

・債権放棄をして支払う法人税のほうが、債権放棄をせずに支払う相続税より安いかどうか

→法人税の税率はおよそ30%です。相続税の方が高くなる目安は、個人財産2億5千万円以上です(相続人が配偶者、子2人の場合)。

・自分の会社に利益が出る=会社の価値が上がる=会社の株価が上がる場合、債権放棄により、他の株主(例えばご子息)などに間接的に贈与したと指摘をうける場合があります。

理由③の対処方法:貸付金から株式に変更する

自分の会社だからこそ資金を突っ込んだし、特に返してもらおうと思ってないなら、それはもう、会社に出資したようなものです。

見た目はお金の貸し借りだけど、実際のところは会社に出資したようなものだ、と言う場合は、貸付金という財産を、自社の株式に変更する方法があります。

なんだ、財産が自社の株式に変わっただけで、財産は財産じゃないか、と思われるかもしれません。

貸付金は、1,000万円貸したなら、1,000万円の評価です。

ところが、自社の株式は、1,000万円出資したからといって、1,000万円の評価になることはまれです。

自社の業績や財務内容がよければ、評価が良くなりますし、その逆もまた然りです。

つまり

・自社の業績や財務内容が思わしくない場合

・債権放棄すると法人税がかかり、しかも相続税より高い

場合には、株式への変更を検討するのがおすすめです。

ただし

・会社の資本金が増えると法人税が増える

ことがあるので、損得計算が必須です。


会社の資本金が増えると法人税が増える理由
会社が支払う法人税は

・利益に応じて支払うもの

・資本金や従業員数に応じて支払うもの

の二本立てです。

後者のほうは

・資本金が1千万円以下なら年間7万円(自治体により上乗せあり)

・資本金が1千万円超1億円以下なら、年間18万円(同)

のように、資本金がもともと1千万円の会社が株式への変更をすると、法人税が年間11万円増えることになります。

おわりに

自社の株価は、簡単に出せれば良いのですが、ルールがややこしくて簡単にはいかないことが多いです。

できれば、税理士などの専門家に依頼したほうが無難です。

(営業になってしまいすみません。)

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

自社の株価をサクッと出す方法があれば良いな、と思いました。

ちょっと考えてみたいと思います。思いついたら、ブログ記事にします(^_^)

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!