役員の社会保険料削減手法 会社も役員個人も資金繰りへの影響大

以前に、役員の社会保険料削減手法について触れました。

役員の社会保険料削減手法 本当の効果を検証してみた
負担が大きい社会保険料について、ネットで調べると様々な削減手法が検索できます。 その中でも、知る人ぞ知る?役員向けの社会保険料削減手法...

上記の記事にて、社会保険料の削減手法を実行するには

・資金繰り面

・税務面

の両面で重要なポイントがある、と書きました。

今日は、資金繰り面について述べてみたいと思います。

さらっと復習

以前に触れた、役員の社会保険料削減手法のポイントをさらっと復習しますと

・毎月の報酬を下げる

・下げた分は賞与として支給する(年収としては同額にする)

ことにより、社会保険料の負担を減らしましょう、という手法でした。

(詳細は解説記事をお読みください)

例えば役員報酬が月100万円なら

・月の報酬を10万円

・別途賞与として1,080万円

支給する、ということです。

会社の資金繰りの問題点

先ほどの支給方法を見ればピンとくるかもしれませんが、会社の資金繰りが非常に難しくなるのが問題点です。

毎月の役員報酬の支払いは減るので問題ないでしょうが、減った分は将来賞与として支払いますので、資金繰りで使ってしまうのは税務上マズいです。

賞与の支払い時に500万円しか資金繰りがつかないから取り敢えず500万円払い、残り580万円は資金繰りがついたら支払う、という方法は、役員報酬を経費として認めてもらえません。

(理由は別の機会に書きますが、とにかく決めた金額1,080万円をキッチリ支払う必要がある、とだけご理解ください。)

資金繰り?お金が余って仕方がないから問題ないよ、と言う社長さんなら問題ありませんが、恐らく少数派でしょう。

賞与支払い資金は絶対に手をつけない、そんな覚悟で資金繰りをする必要があります。

役員個人の資金繰りの問題点

資金繰りの心配は、会社だけでなく役員個人も心配する必要があります。

削減手法導入前の給与明細が、こんな感じだったとします。

項目 毎月 賞与 年末調整還付 年間計
役員報酬 1,000,000 0
社会保険料 113,008 0
源泉所得税 103,688 0
住民税 67,600 0
手取り 715,704 0 256 8,588,704

削減手法導入後の給与明細は、こんな感じに。。。

項目 毎月 賞与月 年末調整還付
役員報酬 100,000 10,800,000
社会保険料 14,573 467,559
源泉所得税 0 1,411,848
住民税 73,500 0
手取り 11,927 8,920,593 148 9,063,865

※住民税が増えたのは、社会保険料が減ったことで、役員報酬のうち税金の対象となる部分が増えるためです。

年間の手取り額が増えたのは、正に社会保険料削減手法の成果でしょう。

ただ、手取り70万円を超える役員報酬で生活していた方が、手取りたったの1万円ちょっとで生活できますか??

住宅や車のローン、ご子息の教育費、ご両親の介護費用など、毎月決まった額が出て行くなかで手取り1万円は流石にしんどいのではないかと。。

もちろん、年間ベースでは手取りが増えますので、賞与を貰えるまで預金を取り崩すことができるなら、問題は有りませんが。

賞与の分割支給はNG

資金繰りがしんどいなら、賞与を未払いで計上しておいて、実際の支払いは分割にすればいいじゃないか、とお考えの方がいらっしゃるかもしれません。

残念ながら、税務上も、そして社会保険上もNGです。

税務上は別の機会に解説するとして、社会保険上は毎月の給与と同じ扱いになるので、社会保険料の削減手法の効果がありません。

おわりに

社会保険料の削減手法は、理屈としては考えられるのですが、実行するのはかなり難易度が高い手法です。

筆者は、おすすめしない派です。

効果の割に資金繰りがしんどくなる、税務上の制約が多くなるなど、費用対効果が薄いと思います。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

先月受注させていただいた相続税の申告(期限は9月5日!)が何とか間に合いました。

間に合ってよかった。。。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!