ApplePayはiPhone6でも使える!

ApplePayといえば、iPhone7でのみ使える印象がありますが、そんなことはありません。iPhone6を始め、他のiPhoneやiPadでも使える機能があります。

ApplePayはiPhone7以外関係ない?

当初はオサイフケータイ機能しか頭になくて、iPhone6ユーザの私はApplePayを羨ましいと思いつつ、気に留めていませんでした。

ある時、何気なくWalletアプリを起動すると、ApplePayの文字が。

ここで、オサイフケータイ以外の機能があることに気づきました。

iPhone6ユーザの私も、ApplePayが使える!と心躍りました(^ ^)

ApplePayでできること

ApplePayでできることは次の通りです。

(1) モバイルSuicaのような、交通機関や店舗での利用(いわゆるオサイフケータイ)

(2) アプリやウェブでの支払い

上記のうち(2)が、iPhone7でなくても使うことができます。

Suicaへのチャージや履歴閲覧ぐらいはできるかと勝手に期待していましたが、その期待はしぼみました(T . T)

具体的な使い方

気を取り直して、どのように使えるのか進めてみます。

使い方は次の通りです。

Walletアプリにクレジットカード情報を登録しておく。

まず、登録するクレジットカードを用意しておきます。

そして、Walletアプリを起動すると、次の画面が表示されますので、カードを追加をタップします。

2

初めてApplePayを使う場合は、案内やら同意やらの画面が出てきますので、次へ、や同意する、などで画面を進めます。

すると、次のようなカード読み取り画面に変わります。

3

画面の白い枠にカードを合わせると、一瞬でカード番号が読み取られ、次の画面へ。

5

名義人、有効期限、セキュリティーコードを入力し、次へ進めると、カードの認証手段の選択画面へ移動します。

6

ここでは、SMSを選択して、次へ。

7

SMSで届いた認証番号を入力すると、次の画面へ。

8

これで、登録完了です。

対応するアプリやウェブサイトでの支払い

ここでは、TOHOシネマズのオンラインチケット購入で試します。

購入手続きを進めていくと、次の画面が表示されます。

9

見慣れない、「ApplePay」の表示が新鮮ですね。

早速タップしますと、次の画面へ。

10

TouchID(指紋認証)で認証すると、支払い完了です。

ApplePayによるクレジット払いのメリット

これだけでは、ECサイトで会員登録しておき、クレジット情報を登録しておくのと、支払いという意味では利便性は変わりません。

何がメリットなのでしょうか?

ApplePayのメリットは、支払いの利便性よりも、カード情報のセキュリティにありそうです。

というのも、クレジット情報はApplePayでのみ保有しており、ApplePayとウェブサイトとのやりとりは、別の手段で行っているようです。

したがって、ApplePayが普及すれば、ECサイト毎にクレジット情報を登録する必要がなく、その分情報漏れのリスクを減らすことができます。

現状ではApplePayの活用機会が少ない

残念ながら、ApplePayによるアプリやウェブでの支払いは、使える場面が限られています。

Appleの公式サイトによると、対応サービスは本日現在で次の通りです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-12-31-05

たったの7つです…。

セキュリティ面で優れた特徴があるApplePay。

どんどん普及してほしいものです。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!