国会図書館内の本館6F食堂体験記 全体的にボリューミーで、コスパはメニュー次第

国会図書館の本館6Fにある食堂に行ってきました。食べ物のブログを文字のみで表現する腕が試されている気分。

本館6F食堂へのアクセス、営業時間

本館6F食堂へは、本館と新館との連絡通路にあるエレベータを使って行きます。

本館入口からだと

・入館ゲートを通過して右へ

・突き当たりを左へ

・2mほど歩くと右手にエレベータが見えています。

営業時間は平日11時から18時まで、土曜日も開いているようで、11時から15時までです。

メニューは全体的にボリューム感あり野菜は不足気味

メニューはざっと30種類以上あり、定食ものが3種類、丼物、麺類といったメニュー構成です。

食堂に入ると、左手にメニューのディスプレイが、右手に券売機があります。

ディスプレイを見ながら今日の胃袋の気分を探りつつ、券売機でお目当のものを購入します。

ディスプレイ右下に小鉢が並んでいますが、小鉢のみ券売機ではなく、小鉢を受け取る際に食堂のおばちゃんに直接お金を支払うシステムです。

値段設定がちょっと不思議

値段設定ですが、全体的には相場より100円〜300円ほど安い印象です。

個別で見ていくと、ちょっと納得がいかないというか、不思議な値段設定のものがチラホラ。

・かけうどん 340円・・・はなまるうどんや丸亀製麺の方が安いです。コスパが合うのか注文してみたいですが、ハズしそうで注文できません。

・ロースカツ780円に対してチャーシューちゃんぽん麺800円・・・ロースカツの方が通常高いと思うのですが、ここでは逆転現象発生。

・海老天丼とナポリタンが同額570円・・・海老天丼>ナポリタンかと思っていましたが、思い込みだったようです。

どうも、麺類が全体的に高く(=相場に近い)、丼物が安い(=相場より安い)傾向にあるのかもしれません。

コスパが良いと思われるのは、定食ものです。日替わりは500円、Aセットは570円、Bセットは670円と、リーズナブルで、内容もしっかりしています。

ちなみに小鉢は、60円〜100円程度です。

栄養バランスを取るならセット物か小鉢をプラス

セット物以外のメニューは、総じてバランスが悪く、周りの方のお食事をチラッと拝見した感じではご飯が多いです。

バランスを取るなら、セット物(日替わり、Aセット、Bセット)か、小鉢をプラスするのがお勧めです。

セット物は内容が毎日変わります。

小鉢は、サラダ、ほうれん草のおひたし、オクラのおひたしなど、野菜系のメニューが幾つか有りますので、栄養バランスも取りやすそうです。

ちなみに、筆者が本日注文したものは、Bセット+小鉢でした。

本日のBセットは、雑穀米、パプリカの肉詰め、キャベツ千切り、トマト、味噌汁(もやしとわかめ)です。

キャベツの千切りは茶碗一杯分とかなりボリュームあり、パプリカの肉詰めも、大ぶりのパプリカ半分、普通のピーマンサイズのパプリカ(か赤ピーマン)の半分と、こちらもボリュームがあります。

食べ物の持ち込み可

本館6F食堂は、外部からの食べ物の持ち込みが可能です。

弁当を持参しても良いですし、食堂のメニューでは多すぎるということなら、食堂の少し手前にある売店でおにぎりなどを購入して食堂で食べてもOKです。

見晴らしのよい眺望

本館6F食堂は、東側に面している立地です。

眼下には皇居の森が広がり、遠くに目を移すと丸の内のビル群が目に飛び込んできます。

とても見晴らしのよい眺望ですので、よい気分で食事をとることができます。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

本日は赤坂見附を下車して、とある施設に立ち寄ったのち国会図書館へ。その後霞が関ビルに行きました。

おかげで、歩数が稼げました\(^o^)/

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!