閲覧申請の方法〜申請書の書き方から税務署での申請方法まで〜

申告書の控や、届出書の控がない場合に、何を書いているのか知りたい時は、閲覧申請という方法があります。

(詳細はこちら)

申告書の控、届出書の控がない場合は、閲覧申請という方法もアリ
税務署に申告書などを提出するときは、自分用に控を作っておくと便利です。 控を作っていなかった場合でも、過去に税務署へ提出した申告書や届...

本記事では、実際に閲覧申請を行う場合の方法を、申請書の書き方から税務署での申請方法までを解説します。

手順①どの税務署へ行くか確認しよう

閲覧申請は、ネットや郵送ではできないので、税務署に出向くしかありません。

まずは、どの税務署へ閲覧申請に行くのか確認します。

行くべき税務署は

申告書を見たい人の住所を所轄する税務署

です。

税務署の検索は簡単

所轄などと小難しく書きましたが、調べる方法は簡単です。

↓国税庁ホームページで、郵便番号だけで調べることができます。

国税庁ホームページ

検索は現在の住所で

所轄の税務署の検索は、現在の住所で行います。

過去の住所で申告している場合でも、現在の所轄税務署に申告書が移動しています。

ただし

・引っ越し後、一度も申告していない

かつ

・引っ越ししてから異動届(=転居のお知らせ)を税務署へ出していない

場合は、一つ前の住所の所轄税務署に書類が置いてある可能性が高いです。

このような場合は、二度手間を避けるためにも、事前に税務署へ電話して書類の所在を確認するのがオススメです。

手順②閲覧申請書の作成と必要なものの確認

次に、申告書等閲覧申請書を作成します。

(申告書等閲覧申請書の用紙はこちらにあります)

本人が閲覧申請する場合

申告した本人が閲覧申請する場合です。

必要なものは

・申告書等閲覧申請書(このあと書き方解説)

・本人確認書類一点(税務署で提示・コピーを取られます)

(運転免許証、個人番号カード、住基カード、健康保険証など)

・認印

・筆記用具

・暇つぶしになるもの(雑誌など)

です。

費用は無料なので、お金は必要ありません。

申告書等閲覧申請書の見本はこちら。

(分かりやすくするため赤字で記入していますが、実際には黒ボールペンなどで書きます。)

・左上の税務署名は、先ほど調べた税務署名を記入します。

・税目区分等には、閲覧したい申告書の種類を記入します。

・・・所得税の確定申告書なら「所得税及び復興特別所得」

・・・消費税の確定申告書なら「消費税及び地方消費」

・・・贈与税の申告書なら「贈与」

・本人確認書類は、用意したものにあわせてチェックを入れます。

他の人に閲覧申請をお願いする場合

閲覧申請は、代わりに家族の方にお願いすることも出来ます。

その代わり、必要なものが増えます。。

必要なものは

・申告書等閲覧申請書(このあと書き方解説)

委任状(このあと書き方解説)

・申告した本人と税務署に行く人の親族関係が分かるもの(返却されます)

(戸籍謄本、住民票(発行後30日以内)、健康保険被保険者証など)

申告した本人の印鑑証明書(発行後30日以内)

税務署に行く人の本人確認書類一点(税務署で提示・コピーを取られます)

(運転免許証、個人番号カード、住基カード、健康保険証など)

税務署に行く人の認印

・筆記用具

・暇つぶしになるもの(雑誌など)

申告書等閲覧申請書の見本はこちら。

・左上の税務署名は、先ほど調べた税務署名を記入します。

・税目区分等には、閲覧したい申告書の種類を記入します。

・・・所得税の確定申告書なら「所得税及び復興特別所得」

・・・消費税の確定申告書なら「消費税及び地方消費」

・・・贈与税の申告書なら「贈与」

・本人確認書類は、用意したものにあわせてチェックを入れます。

・右上の押印は、税務署へ行く人の認印を使います。

(申告した本人の実印ではありません)

委任状の見本はこちら。

・本人の氏名は、申告した本人が署名します。

・右下の押印は、申告した本人の実印を使います。

手順③税務署についたら

必要なものを持って税務署についたら、窓口(総合受付)に行き

「申告書の閲覧申請にきました」

と告げ、用意したものを出します。

特に不備がなければ、申告書などの準備をしてもらうため、待ちます。

長いと30分程度待たされることがありますので、雑誌や本などを読みながら気長に待ちます。

準備が整ったら声をかけてもらえるので、税務署員について行きます。

用意された申告書などは

・コピー禁止

・スキャン禁止

・写真撮影禁止

なので、用紙に書き写すしかありません。

用紙は、税務署員に言えば貰えます。

閲覧に制限時間はありませんので、落ち着いて書き写していきます。

おそらく、税務職員がずっと見張っていると思いますが、気にせず書き写します。

書き写しが終わったら、その旨を税務職員に告げて終了です。

お疲れさまでした!

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

地元の吉祥寺で大きな交通事故がありました。

事故現場は、普段よく通る場所なので、心底ゾッとしました。

高齢者云々の議論もありますが、技術的に解決できるのなら、より良いのではないかと思います。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!