MacBookProは再販価値(リセールバリュー)が高いのがいいところだけど、見た目が命

約7年前に購入したMacBookProを

最近売却したところ、再販価値の高さに

ビックリしました。

ただし、見た目が命です!

Macユーザの方、Macは大事に扱いましょう。

Macとの突然の出会い

それは、突然の出会い。

家でWindowsノートパソコンを使っていたとき

ふとした拍子に、パソコンのそばにあった

コーヒーカップをなぎ倒し

内容物の全ては、パソコンのキーボードに

ぶちまけられました。

そんな仕打ちにもめげず暫く動き続けた

Windowsノートパソコン。

なんや、動くやん。

当然のことながら、ある日、うんともすんとも

言わなくなりました。

そんな時に、見た目のかっこよさと

少しの好奇心で購入したMacBook。

それは、2012年9月27日のことでした。

箱から取り出したばかりのMacBook Pro 13インチ 2.9GHz MD102J/A (Mid 2012)

時は流れお別れのとき

そんなMacともお別れのときが。

プライベート用として7年使い続け

独立開業を理由にして新しいMacへの買い替え。

この間、先代のWindowsノートのように

コーヒーを浴びることなく

無事に7年間を過ごしてきた初代Mac。

白いリンゴの左下にいつの間にやら出来ていた

小さい凹みが、歴戦を乗り越えてきた時を

語っているようです。

この小さな凹みが、後日筆者の気持ちを

思いっきり凹ませてくれることになろうとは。。

そんな初代Macを、試しに近所のブックオフへ

持ち込みました。

お店の人が、外箱のバーコードをピッとやった後

即座に「36,000円スタートですが、よろしいですか?」

とのこと。

取り敢えず断りましたが

中古PCの買取相場をつかむのに、ブックオフは

便利だと思いました。

いざ秋葉原へ

パソコンを売るなら秋葉原へ!

と、どこかで刷り込まれたであろう知識と

初代Macを手に秋葉原へ。

何店か巡ったあと

「けっこう高い。」との看板を掲げている

とあるお店へ。

先客が5人ほどおり

どれだけ待たされるのかと思いきや

意外にも15分ほどで受付へ。

そうそう、このお店って

「君の名は。」をパロった「君の那覇。」のポスター

(ご丁寧にも、your nameでなく、your nahaと付記 笑)

など、ちょいちょい面白いポスターやらなんやら

貼られていて、待ち時間も飽きさせません。

受付のお姉さんにじっくり品定めをされる

初代Mac。

そして、お姉さんの口から発せられた

初代Macの評価は

「26,000円で、キャンペーンなので+5,000円になります♪」

とのこと。

あれ、ブックオフより安いじゃん。。。

Macは見た目が命

まぁでも、7年落ちのパソコンが

3万円を超える値段で売れるなら良いや、と

思い、買い取りをお願い。

そして、受付のお姉さんから

ビックリするコメントが

「この初代Mac、白いリンゴの左下の凹みが

なければ、他は問題ないので44,000円でした。」

・・・・

「マジっすか ( ゚∀゚)・∵. グハッ!!」

思わずお姉さんに言ってしまいました。

するとお姉さんいわく

「ちょっとこの傷はイタいですね〜」

歴戦の証たる、小さな凹みが

まさかマイナス18,000円もの

評価につながるなんて。。。

いま使っている二代目Macは

大事に使おう。

そう心に決め、3万1千円を握りしめ

秋葉原を後にしたのでした。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

初代Macの本体と箱との間に挟まっている

薄い紙を、秋葉原へ持ち込むその日の朝に

猫にかじられました。

そのことは、売却価格に影響しなかったようです。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!