生命保険金の受取人が孫の場合、思わぬ税負担に注意

おじいちゃん、おばあちゃんが孫のためにと思って

入っていた生命保険。

もし、おじいちゃんやおばあちゃんが

相続税がかかるほどの財産を持っていた場合

お孫さんに思わぬ税金の負担がかかるかもしれません。

この記事における養子は、全て「普通養子」を前提にしています。

生命保険金と財産の合計が一定以上あると相続税の対象

被保険者が亡くなったことでもらえる生命保険金は

相続税の対象です。

生命保険なら何でもかんでも相続税がかかるのか?

といえば、答えはノー。

生命保険金と、被保険者がお持ちだった財産

(預金、不動産、株式など価値のあるもの)

の合計が一定額をこえる場合、超える部分に

相続税がかかります。

次の図をご覧ください。

さきの「一定額」とは、基礎控除と言われているものです。

基礎控除は、「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で

計算できます。

たとえば

(1) 相続人が妻、子供、孫

・・法定相続人は妻と子供の2人なので、基礎控除は4,200万円

(2)相続人が妻、子供、孫2人(両方とも孫養子)

・・法定相続人は妻、子供、孫のうち1人の合計3人なので、基礎控除は4,800万円

という感じです。

法定相続人にカウントできる孫養子の数は、子供(実子)がいる場合は1人までです。

図の①の場合

生命保険金とその他の財産の合計が一定額(基礎控除)以下なので

生命保険金には(もちろん、その他の財産にも)

相続税はかかりません。

図の②の場合

生命保険金とその他の財産の合計が一定額(基礎控除)を超えていますので

相続税がかかります。

思わぬ税負担その1 非課税が使えない

生命保険金に相続税がかかる場合、受取人であるお孫さんも

相続税を負担する必要があります。

生命保険金には、相続人のみが使える

非課税枠があります。

ところが、お孫さんは

通常は相続人でないことがほとんどです。

そのため、この非課税枠が使えません。

非課税枠があるのとないのとでは、相続税の負担が随分違ってきます。

お孫さんでも生命保険金の非課税枠が使える場合

お孫さんでも生命保険金の非課税枠が使える場合が2つあります。

それは

・孫養子であること

または

・孫の親(おじいちゃんおばあちゃんから見れば、子)が

亡くなっていること

のいずれかである場合です。

次の親族図をご覧ください。相続人はマルで囲ってあります。

一番左の親族図は、お孫さんは2人とも相続人ではないので

生命保険金の非課税枠は使えません。

真ん中の親族図は、お孫さんが2人とも被相続人の養子

(孫養子)です。したがって、生命保険金の非課税枠は

使えます。

一番右の親族図は、お孫さんは被相続人の養子ではありません。

しかし、お孫さんたちの親である子1が先に亡くなっているので

子1に替わって、お孫さんたち2人とも相続人となります。

この場合のお孫さんは、代襲相続人といいます

思わぬ税負担その2 相続税が二割増し

生命保険金を受け取ったお孫さんに対する相続税は

通常の2割増しになります。

(専門用語で「2割加算」といいます。)

たとえば、同じ金額の生命保険金を

・相続人が受け取ったら、相続税が100万円

だとすると

・お孫さんが受け取ったら、相続税は120万

となります。

2割増し(2割加算)の決まりは、お孫さんを養子に

したとしても回避できません。

回避できるとしたら、お孫さんの親が先に亡くなった

ことで代襲相続人となった場合です。

・2割増しぐらい大したことない

・いやいや、2割増しは大きいよ

・2割増しは大きいけど、保険金を渡せるならやむなし

考え方は色々ですが、後で気づかされるのではなく

あらかじめわかっていて、能動的に受け止めるのが理想です。

まとめ

お孫さんが生命保険金の受取人の場合

・生命保険金の非課税枠が使えない

・相続税が2割増しになる

という、ちょっと不利な決まりごとがあります。

非課税枠は、孫養子にすれば回避できますが

相続税の2割増しは回避ができません。

お孫さんが受取人の場合は、これらのリスクについて

改めて見つめてみるのも方法です。

見つめてみて、リスクを負担する前提で

このような保険に入るのは、問題ないと考えます。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

カルディで買い物をしていたら、お年賀やら鏡餅やらが

売っていて、もう年末なんだなぁと実感。。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!