会計事務所+税理士受験生 3月までは授業を受けるだけでヨシと割り切る

税理士受験生のうち、会計事務所や税理士事務所で働きながらの人にとっては地獄のような季節が間もなくやってきます。

この季節をどのように過ごすかで、合格できるか大きく影響します、

と書きたいところですが、筆者の経験上、実はそんなことは有りません。

学習進度を無理やりイメージにすると、こんな感じでしょうか。

一般的な会計事務所だと、確定申告時期は仕事の山

一般的な会計事務所は、確定申告時期は正に修羅場と化します。事務所によっては、近くの宿を借りたり、机で寝たりと、およそ人間らしい生活とはかけ離れた日々を過ごすことになります。

筆者は、幸いにして確定申告時期は「お泊まり」の経験がありませんが、素面の午前様は頻繁にありました。

本当は、この時期を迎える前に環境を整えるのが一番なのですが、もう今更ジタバタしても仕方がありません。

当たり前かもしれませんが、仕事中は限界まで集中して、1分でも早く仕事を終わらせましょう。

確定申告時期の勉強は最低この程度はやる

忙しい時期なのは分かっているのですが、なるべく授業は受けましょう。予習も復習もいりません。受けるだけで良いので。

1コマ2コマ欠席しても、振り返らず最新の授業を受け、欠席したコマは後で時間が確保できたら取り返します。

出来れば定例試験も受けたいところですが、受験できそうになければ無理に受けなくても構いません。但し確定申告が終了しているはずの3月定例試験は逃げずに受けましょう。

筆者は、もちろん逃げずに(^_^)3月定例試験を受験しましたが、結果はまぁヒドイものでした。なかでも相続税法が最も悲惨で、先生のコメントが「諦めずにガンバレ」でした・・。

この時期、最も大事なのは気持ちを切らさない、諦めないことです。

授業を受けることが出来るだけで素晴らしいです。

本当の勝負は4月以降

4月に入ると、模擬試験が始まるなど騒がしくなってきます。

3月までの遅れは、出来れば4月末までに取り返します。模擬試験の結果を基にするより、基礎固めを優先させます。

筆者は、この方法で一発合格していますので、あながち無謀な方法では無いと思っているのですが、如何でしょうか。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

期限間近の相続税申告に何とか目処がつき、ほっと一息ついたところでカイロプラクティックを受けてきました。

最近ふくらはぎの張りが気になっていたのですが、ふくらはぎを一切触っていないのにも関わらず、施術後にはすっかり張りが取れていました。

匠の技に感心しきりです。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!