板金工場が自社の車を修理したら、どんな会計処理をするか?

自動車の板金工場が、自社の車を修理したら、どんな会計処理をするのでしょうか?

会計処理は少しややこしいかも

板金屋さんですから、当然修理はお手の物。自社の車が凹んだり傷がついたなら、材料さえあれば簡単に修理してしまうでしょう。

修理は簡単ですが、会計処理はどうしましょう?

修理用に個別に購入した部品なら、修繕費として計上すればOKです。

こんな感じでしょうか(画面は会計freeeです)。

では、手持ちの材料を使った時の材料代、従業員が修理を行った場合の人件費は?

材料代は、購入時には次の会計処理を行っているでしょう。

このうち、自社の車の修理に108,000円分使ったとしたら、どんな会計処理をすれば良いでしょうか。

答えは・・・

使った材料分、仕入から修繕費に振替ます。

freeeなら、決算>振替伝票メニューより入力します。

え?面倒ですか?

いっその事会計処理を省略するか

先ほどの振替処理は、面倒なら省略するのも手かも知れません。

先ほどの通りに入力した試算表は、こんな感じです。

面倒な振替処理を省略した試算表は、こんな感じ。

微妙な違い、分かりますか?

最終の損益(営業損益)は、どちらも一緒です。

途中の計算が少し違いますね。

これは、費用(材料の購入)を目的によって科目分けしたか否かによるものです。

振替処理をきちんと行う(科目分けする)方が、同じ費用でも何のための費用だったかが明確になります。

面倒な振替処理は、費用を目的によって科目分けすることで、試算表をより役立たせるためのもの、ということです。

ただ、最終的なもうけさえ把握できればOK、という方は、このような面倒な処理は敢えて省略しても良いでしょう。

ここまでの処理はしなくてOK

逆に、このような凝った処理はしなくてOKです。いや、しないでください。

例えば、自社の車を修理した場合で、材料代108,000円、仕事として行う場合の定価が324,000円の修理だったとします。

時々、このような凝った処理?をする方がいらっしゃいます。

言いたいことは分かります。

多分、内部とはいえ324,000円分の仕事をしたから、売上を324,000円計上しないといけない、という考えなのだと思います。

確かに仕事内容は324,000円分の価値の仕事ですが、実際にはそれほどの金額は動いていません。

動いたのは材料代の108,000円のみですので、動いた分だけ会計処理すれば良いということです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

今日は午前中ずっと当ブログのホームページの設定をいじっていましたが、あっちを立てればこっちが立たず、といった感じで苦戦しています。

万事全て解決した時には、ブログネタですな(^_^)

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!