【年末調整】平成29年分 保険料控除申告書の書き方

会社で年末調整を受ける場合に必須の書類は

・扶養控除等申告書

保険料控除申告書

・配偶者特別控除申告書(配偶者がいる場合)

・住宅借入金等特別控除申告書(住宅ローンがある場合)

これら4点です。

本記事では、これらの書類のうち保険料控除申告書の書き方について説明いたします。

申告書用紙について

保険料控除申告書の用紙は、これ↓です。

この用紙は

保険料控除申告書

・配偶者特別控除申告書(配偶者がいる場合)

これら2つの申告書をまとめたものです。

狭いところにギュッと集めているため、コチャコチャしていますね。

では、保険料控除申告書の部分を色塗りしてみましょう。

色塗りされている部分(全部で4箇所)が

・保険料控除申告書

色塗りされていない部分(用紙の右上のあたり)が

・配偶者特別控除申告書(配偶者がいる場合)

です。

(参考 配偶者特別控除申告書の書き方はこちら)

【年末調整】平成29年分 配偶者特別控除申告書の書き方
会社で年末調整を受ける場合に必須の書類は ・扶養控除等申告書 ・保険料控除申告書 ・配偶者特別控除申告書 ・住宅借入...

つまり、保険料控除申告書は

・生命保険料控除

・地震保険料控除

・社会保険料控除

・小規模企業共済等掛金控除

の4つの区分からなっています。

保険料控除申告書の書き方

生命保険料控除

生命保険料控除は、多くの方がお世話になるであろう控除です。

先ほどの色塗り申告書の、薄い赤色の部分に記入していきます。

生命保険料控除は3種類ある

生命保険料控除は、更に

・一般の生命保険料

・介護医療保険料

・個人年金保険料

の3つに区分されます。

3つの区分ごとに色塗りしてみました。

ん?3つに区分って、どうやって?

それは、控除証明書に答えが載っています。

控除証明書には、必ず

・一般

・介護医療

・個人年金

何れかの言葉が書いてあります。

(見本のように、2つ以上の言葉が書いてある証明書もあります。)

先ほどの見本では

・一般

・介護医療

の2つが書いてあります。

控除証明書に書いてある区分にしたがって、申告書に記入します。

よくあるのが

・保険の種類は「年金保険」

・区分は「一般」

となっている保険について、「個人年金用」の欄に書いてしまう間違いです。

保険の種類は一切見ずに、「一般」「介護医療」「個人年金」の3区分をしっかり確認するようにしましょう。

控除証明書の申告書への書き方

実際に申告書に記入してみましょう。

記入時のポイントは3つです。

・新か旧か

控除証明書をよくみると、「新制度」「旧制度」と書いてあります。

(上のの見本の場合は「旧制度」)

新制度の場合は、申告書の「新」にマルを

旧制度の場合は、申告書の「旧」にマルを

します。

・申告書に書く金額

申告書に書く金額は、間違いやすいポイントなので注意しましょう。

控除証明書には、大抵2つの金額が書いてあります。

・証明額

控除証明書が発行された日までに払い込まれた保険料のことです。

・参考額(または申告額)

12月までに払い込まれた場合の保険料のことです。

申告書には、参考額(または申告額)を書きます。

証明額を書かないようにしましょう。

・保険契約者、保険金等の受取人など

控除証明書通りに記載します。

控除証明書に記載がない場合は、保険証券を確認して記載します。

保険金等の受取人の続柄は、保険契約者からみた続柄を記入します。


【控除証明書を沢山つけると税金が沢山戻ってくる??】

時々、控除証明書を沢山つけて、申告書にも細かく書いて提出される方がいらっしゃいます。

実は、新・旧の区分ごとに

・新の保険料と介護医療保険料は8万円

・旧の保険料は10万円

を越えると、いくら控除証明書をつけても、戻ってくる税金は増えません。

あまり沢山つけても効果がないですし、申告書を書くのも大変(チェックする経理部も大変)なので、上記の金額を越える証明書はつけないのがオススメです。

生命保険料控除の計算方法

証明書の内容を全て書けたら、生命保険料控除の計算を行います。

・「新」「旧」の区分ごとに合計する

(出典:国税庁「平成29年分年末調整のしかた」※色塗りは筆者による)

記入した保険料を、保険の区分(一般、個人年金)ごと、新・旧の区分ごとに合計していきます。

例えば、一般の生命保険料の場合は

・「新」の保険料はA(見本の緑色)の欄に

・「旧」の保険料はB(見本の黄色)の欄に

それぞれの保険料合計を記入します。

介護医療保険料については「新」「旧」の区別はありません。

・計算式に当てはめて計算する。

次に、一般、介護医療、個人年金の各保険料を、それぞれ計算式(申告書の下の方にある「計算式Ⅰ」「計算式Ⅱ」)に当てはめ、結果を記入します。

例えば、一般の生命保険料の場合は

(1) A(24,000円)を計算式Ⅰにあてはめた結果(22,000円)を①欄に書きます。

(2) B(36,000円)を計算式Ⅰにあてはめた結果(30,500円)を②欄に書きます。

(3) ①と②の合計を③欄に記入します。(上の見本の赤い線)

合計が4万円をこえる場合は、4万円と記入します。

(4) ②と③の何れか大きい金額を、丸囲みのイ欄に記入します。

(出典:国税庁「平成29年分年末調整のしかた」※色塗りは筆者による)

この欄は金額の上限がありませんので気をつけましょう。

上の申告書記載例でいうと、個人年金保険料(旧保険料分)の保険料をハ欄に記入する際、なんとなく4万円が上限と思い込んで、4万3千円と書くべきところを4万円、と記入する間違いがあります。

・一般、介護医療、個人年金の計算額を合計する

最後に、一般、介護医療、個人年金の各区分ごとに計算した額を合計します。

(出典:国税庁「平成29年分年末調整のしかた」※色塗りは筆者による)

合計が12万円をこえる場合は、12万円と記入します。

ここまでで生命保険料控除は終了です。お疲れ様でした!

地震保険料控除

この欄では、2種類の保険が控除の対象になります。

①地震保険料

地震保険料は、本人または同一生計親族の

・自宅建物

・生活に通常必要な家財

を保険の目的にしたもので

・地震、津波などにより損失が生じた場合

に保険金がおりるもので

・本人が支払っているもの

が対象になります。

②旧長期損害保険料

次の3つの条件に当てはまる保険が対象になります。

・平成18年12月31日までに契約締結&その後契約内容の変更なし

・保険期間が10年以上

・満期返戻金あり

これらの保険に該当する場合、控除証明書に保険の種類として「地震保険」「旧長期損害保険」とハッキリ書いてあります。

書いてある保険の種類に応じて、申告書の「地震・旧長期」の何れかにマルをします。


同一の証明書に「地震保険」「旧長期損害保険」の両方とも書いてあることがあります。

この場合は、どちらか有利な方を選んで申告書に記入します。

どちらが有利かは、申告書に鉛筆で記載してみて試算して判断するのがおすすめです。

証明書の申告書への転記が終わったら、申告書に記載されている計算式通りに数字を埋めていき、完成です。

社会保険料控除

この欄では、給与天引き以外の方法で支払った社会保険料を記入します。

具体的には

・国民健康保険料(税)

・後期高齢者医療保険料

・介護保険料

・国民年金保険料

などで

・本人又は同一生計親族が負担すべきものを本人が支払った

ものを記入します。

※給与天引きの社会保険料は記入する必要がありません。

よくあるケースは

・成人したお子さんの国民年金保険料を支払っている

・同居している両親の国民健康保険料などを支払っている

などです。

(関連記事)

年末調整 結婚前に支払った社会保険料は誰から控除できるか
年末調整において、社会保険料(国民健康保険、国民年金など)は誰から控除できるのでしょうか。 原則 社会保険料は、本人または同一生計の親族...

なお、国民年金保険料のみ、控除証明書など支払ったことが証明できる書類をつける必要があります。

小規模企業共済等掛金控除

この欄は、小規模企業共済や確定拠出年金の掛金を記入します。

小規模企業共済は、中小企業のオーナーなどが加入する共済です。一般のサラリーマンの方には関わりがないものです。

確定拠出年金については

・企業型のうち、いわゆるマッチング拠出

・個人型

を記入します。

いずれの掛金も、控除証明書をつける必要があります。

証明書は原本提出

控除証明書は、原本を提出します。

たまにコピーを提出する方が見受けられますが

・控除証明書は年末調整か確定申告以外に使い道がない

・確定申告する場合は、源泉徴収票をもって控除証明書の代用になる

ため、原本を手元にとっておく必要がありません。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

午前中は外出と諸手続き、午後は所内で役員報酬試算など。

こんな時期でも、30分ほど急ぎ足で歩くと汗が滲みます。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!