相続放棄は生前に行うことはできない 代わりの方法は?

相続放棄は

相続人としての権利と義務を放棄することです。

故人の借金などの債務を

引き継がなくてもよくなる替わりに

お金や不動産などの財産を

引き継ぐことができなくなります。

財産を継がせる側の立場からすると

○○には継がせたくない

との考えをもつことも珍しくありません。

こんなとき

相続放棄をさせれば良いじゃないか

となりそうですが

生前に相続放棄はできません。

では、どうすればよいか?

代わりに良い方法はないものかどうかについて

まとめてみました。

方法①:生前に念書を差し入れてもらう

実際によく見かける方法が、生前に念書を差し入れてもらう方法です。

例えば、長男、長女がいるとして、長女に「財産は一切相続しない」などの念書を書かせる場合です。

このようなときは

・長男に家業を継いでほしい

・長女には、結婚資金や自宅資金など、双方の援助をしている

背景があることが多いです。

(人間関係が原因のこともあります。。)

この念書、法的には無効です。

実際に相続が起こったとき、長女が念書の内容を反故にしたとしても、そのことを法的に問題にすることはできません。

もちろん、無効だからといって、念書を作ってはいけない、ということではありません。

親の想いをよく汲み取る長女ならば、念書であっても、相続が起きても問題は起きないかもしれません。

ただし、念書を作成した時の長女の状況が永遠に続くとは限りません。

もしかすると、長女の生活環境が念書作成時と相続時で大きく変わっているかもしれません。

それでも念書が役に立つとは、おそらく誰も言い切れないはずです。

方法②:遺留分放棄をしてもらう

相続放棄とよく似た言葉で、遺留分放棄(いりゅうぶんほうき)というものがあります。

遺留分とは

・法律上保証されている最低限の相続権利のようなもの

・故人の財産の2分の1〜3分の1が最低限の権利

・相続人が故人からみて兄弟姉妹の場合は、遺留分なし

というものです。

仮に、故人が「Aさんに100%財産をあげる」と遺言を残していても、相続人が配偶者か子なら2分の1、親なら3分の1を「Aさん」に請求することができる、ということです。

遺留分放棄とは

・相続人(になる予定の人)が家庭裁判所に申立てする

・放棄するのは遺留分

・相続が起きても、相続人の地位は無くならない

・正式な手続きは生前にのみ可

・一度申立てて認められると、原則として撤回ができない

というものです。

例えば、先ほど登場した長女に、(相続放棄の効果を期待して)遺留分放棄の手続きをして貰ったとしたら、どうなるでしょうか?

この場合、相続放棄の効果はありません。

長女は、遺留分放棄は確かに行いましたが、その他の相続人としての地位、権利は残っています。

遺産分割協議にも当然参加できますし、仮に長男が家業(とその財産)を継ぎたいと考えても、長女の意向次第ではスムーズにいきません。

遺留分放棄は、相続人になる予定の人が行うものです。

人間関係が原因で相続させたくない→じゃあ遺留分放棄だ、というのはちょっと難しいです。

相続人になる予定の人が、遺留分放棄に協力するとは考えづらいためです。

また、遺留分放棄は、既に財産を十分贈与されているなど、合理的な理由がないと家庭裁判所の許可がおりません。

あの子は嫌いだからなど、気持ちを理由にした申立ても、許可がおりません。

方法③:遺留分放棄+遺言書

最後にご紹介する方法は、方法②に加え、有効な遺言書を残す方法です。

有効な遺言書がある場合は、遺産分割協議をすることなく、財産の行方が決まります。

生前に遺留分放棄を行なった相続人は、遺言書により財産を相続できなかったとしても、財産をどうにかする機会がありません。

まとめ

相続放棄の代わりになる方法として

・念書

・遺留分放棄

・遺留分放棄+遺言書

を挙げました。

相続放棄と同じような効果が得られるのは、「遺留分放棄+遺言書」です。

それでも、親(財産を渡す側)のみの意向では、事がうまく運びません。

財産の相続は、親(財産を渡す側)と子(財産を引き継ぐ側)の十分な話し合いが最も重要です。一方の考えだけでは、上手くいかないことが殆どではないでしょうか。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

とある都税事務所から、最近お手伝いさせていただいた法人についての問い合わせ。

何事かと身構えたら、電子申告のIDを再取得したのは間違いないですか?とのこと。

ホッとしたのはいうまでもありません。

特にお咎めを受けるような心当たりはありませんが、問い合わせは気持ちがざわつきます。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!