相続税の障害者控除 要点を押さえて上手く活用しよう

相続税において、法定相続人が障害者の場合は、相続税が軽減されます。

場合によっては、障害者本人以外の相続人の相続税まで軽減されることがありますので、要点をしっかり押さえて活用しましょう。

相続税の障害者控除って?

相続税の障害者控除とは、法定相続人が財産を相続した場合に、一定額を相続税から差し引く、つまり相続税の負担が軽減される制度です。

障害者控除の条件

障害者控除は、次の全ての条件を満たすと使えます。

✔︎ 相続又は遺贈により財産を取得すること

✔︎ 財産を取得した人は法定相続人であること

✔︎ 財産を取得した人は障害者か特別障害者であること

障害者控除でどれぐらい相続税が軽減するか

障害者控除額は、次の式で計算します。

→ 10万円(特別障害者は20万円)×85歳になるまでの年数

85歳になるまでの年数

85歳になるまでの年数とは、相続開始日から、障害者である相続人が85歳の誕生日を迎えるまでの年数です。

年数に年未満の端数が出た場合は、切り上げます。

例えば、平成29年(2017年)3月13日に相続が起きた場合で考えてみます。

相続人の生年月日が、昭和48年(1973年)9月3日生まれとすると、相続人が85歳の誕生日は平成70年(2058年)9月3日です。

平成29年(2017年)3月13日から平成70年(2058年)9月3日までの年数は、41年5ヶ月ちょっと。

年未満は切り上げますので、42年が答えとなります。

42年の障害者控除額は、特別障害者なら840万円、障害者なら420万円になります。

障害者控除額を使い切れない場合は他の相続人から引く

障害者控除額が400万円、障害者である相続人の相続税額が150万円の場合、引ききれなかった障害者控除額250万円は、他の相続人の相続税から差し引くことができます。

ただし、他の相続人は、障害者である相続人の扶養義務者である必要があります。

扶養義務者とは、配偶者、直系血族、兄弟姉妹を指します。

所得税の扶養控除と違い、関係性だけで決まりますので、実際に扶養しているか否かは関係ありません。

また他の相続人が複数いる場合は、合意の上なら誰から差し引いても構いません。

過去に障害者控除を使ったことがある場合

過去に障害者控除を使ったことがある(他の相続人が使った金額も含む)場合は、その金額を障害者控除額から減額します。

障害者とは

次のいずれかの条件に当てはまる方です。

(1) 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方(障害等級が一級の場合は特別障害者)

(2) 戦傷病者手帳の交付を受けている方(手帳に一定以上の障害の記載がある場合は特別障害者)

(3) 身体障害者手帳の交付を受けており、その手帳に身体障害者としての記載がある方(障害等級が一級か二級の場合は特別障害者)

(4) 被爆者認定を受けている方(常に特別障害者に該当)

(5) 知的障害者の方(重度の場合は特別障害者に該当)

(6) 精神上の障害で物事の良し悪しなどの判断ができない方(常に特別障害者に該当)

(7) 65歳以上の方で、上記(1)または(3)と同程度の状況と市町村に認定を受けた方

(8) 寝たきりの方で、上記(1)または(3)と同程度の状況と市町村に認定を受けた方(精神障害一級相当または身体障害一級二級相当の認定を受けた場合は特別障害者)

所得税の障害者控除と違うところ

所得税にも障害者控除があります。

障害者や特別障害者の範囲は、相続税も所得税も殆ど同じですが、唯一違うものがあります。

それは、寝たきりの方の取り扱いです。

所得税においては、寝たきりの事実のみで特別障害者として取り扱われます。

相続税においては、寝たきりの事実だけでなく、市町村による認定が必要です。

所得税と同じ感覚で障害者控除を使おうとしがちなので、注意が必要です。

まとめ

相続税の障害者控除は、次の点が重要です。

・障害者が財産を取得した場合に使える

・障害者以外の相続人にも使える

障害者である相続人が財産を取得しないと一切使えませんし、極端ですが1円でも財産を取得すれば、障害者控除が使えます。ここが障害者控除の最重要ポイントです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

午後にお会いしたお客様との打ち合わせ内容は、仕事1割、猫の話4割、その他雑談5割の割合でした(^^)

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!