遺産分割協議を回避したいなら、遺言書のココに気をつける

遺言書を遺される想いとして

・家族で仲良く円満に生きていってほしい

・家業(事業)を滞りなく継続させたい

・相続人ではないが、世話になったあの人に財産を遺してやりたい

・相続人だが、財産は最低限度を渡すようにしたい。

などなど、様々な想いがあります。

更には、遺産分割協議を回避したいために、遺言書を遺す場合もあります。

当記事では、遺産分割協議を回避するため遺言書を遺す場合に、気をつけるべきポイントを説明いたします。

遺産分割協議を回避したい場合とは

あなたがお亡くなりになったあと、遺された相続人たちは、お葬式、役所の手続き、遺品の整理、各種法要など様々なことを行います。

その中でも、預金の解約など財産に関する手続きは、法定相続人全員の同意(=遺産分割協議)が必要です。

こんな時、相続人同士の人間関係に問題なければ、(財産争いは別として)滞りなく手続きが進むでしょう。しかし

・相続人が配偶者+兄弟姉妹(兄弟姉妹が既に無くなっている場合は、その子)

・相続人が配偶者+子供(または子供だけ)だが、前妻(または前夫)との間の子供がおり、疎遠だ。

・実は認知の子がいる。

のような場合には、相続人同士の人間関係がそもそも出来ていないので、遺産分割協議が難航する可能性が高いです。

そもそも相続人を探し出すことに苦労するかも知れませんので、いつまでたっても遺産分割協議ができないことになります。

このような場合に、有効な遺言書があれば、遺産分割協議を回避し、ひとまず財産の相続手続きを進めることができます。

遺言書のココに気をつける

遺産分割協議を回避したいために遺言書を遺す場合は、次の事項に気をつけましょう。

スピード重視で自筆証書遺言という選択も有り

遺言書は、一般的には公正証書による方法が推奨されます。

しかし、法律上有効に作成されたものなら、自筆証書遺言でも問題ありません。

(法律上有効なものとは、作成日を記入、全て自筆、署名、捺印(認印可))

何らかの事情で早く遺言書を遺したいなら、スピード重視で自筆証書遺言、という選択も有りです。

全ての財産について書く

遺言書には、全ての財産について、誰に相続させるか書く必要があります。

但し、全てと言っても、記憶に薄い財産や思わぬ財産が出てくることがあります。

そのような財産が出てきた場合、遺言書に書かれている財産が預金、不動産、株式だけだったとしたら・・・?

遺言書に書かれていない財産は、全て遺産分割協議により相続する人を決める必要があります。

これでは、折角遺言書を書いたのに、遺産分割協議を行わないといけないことになります。

これらを回避するには、次の一文を遺します。

「この遺言書に書かれていない財産は、全て○○に相続させる。」

この一言で、遺産分割協議を回避できます。

「全て○○に相続させる」の部分については、例えば「AとBに2分の1ずつ相続させる」のような定め方もできます。

なお、遺留分の減殺請求(←法律上の最低限の取り分を請求すること)に備えて、全ての相続人に最低限の相続財産を相続させる考え方もありますが、行方の知れぬ相続人に対してまで相続させるべきか否かは、財産の多少、構成、状況次第でしょう。

債務についても誰に負担させるか書く

相続税の申告が必要と思われる場合には、債務について誰に負担させるべきか、書いておいた方が良いです。

相続税は、財産から債務を引いた金額が対象になりますが、この計算は相続人個人ごとに行います。

相続人個人ごとに計算した結果、債務の方が大きい場合は切り捨てになります。

(詳しくはこちら)

遺産分割は債務控除を意識して行わないと予想外に相続税が高くなる
相続税は、財産から債務を差し引いて、更に一定の生前贈与を足した金額(=純資産)を基に計算します。 一見単純に見えるこの算式が、思わぬ勘...

債務についての定めが遺言書になく、遺産分割協議書もない場合は、債務を法定相続割合で各相続人に割り振って、相続税の計算を行うことになります。

この結果、財産より債務の方が大きい相続人がいることで債務が切り捨てられると、引けた筈の債務が引けなくなり、相続税の負担が思いの外増加することになります。

まとめ

遺産分割協議を回避したいために遺言書を遺す場合の要点を述べました。

遺された遺族が、少しでもストレスなく手続きができる遺言書が遺せると素敵ですね。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

台風が近づいたら早めに仕事を切り上げようと思っていたら、思いの外台風の速度が遅く、普通に18時まで仕事を行いました(^_^)

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!