本を読むとはどういうことか改めて考えてみた

本を読むとは、どういうことでしょうか?

読むことの意味を、あなたは考えたことがありますか?

「読む」とは?

「読む」で大辞林を引くと、次のように解説されていました。
(1) 書かれた文字を一字ずつ声に出して言う。文字に従ってとなえる。
(2) 文字・文章などの表す意味を理解する。
(1)は、言葉を動詞として捉えた場合でしょうか。そのままやん、と突っ込みたくなる感じ。
(2)は、一般的な読書のイメージに近い感じがしますね。

それでは、「本を読む」とは?

それでは、「本を読む」とは、どういうことでしょうか。

先ほどの「読む」の意味に本を足して考えると

(1) 本を声に出して読む

(2) 本の内容を理解しながら読む

といった感じでしょうか。

「本を読む」とは、これだけでしょうか?

漫画を読む場合は、(1)や(2)より、娯楽の要素が強い気がします。

(2)の要素も含んでいるでしょうが、目的から考えると、読む=楽しむ、と言えそうです。

つまり、目的によって「本を読む」という意味が変わる、ということです。

本の内容を理解したと言える状態とは?

それでは、先ほどの「(2) 本の内容を理解しながら読む」について、考えてみたいと思います。

本の内容を理解したと、どうすれば説明できるでしょうか。

本が受験参考書なら、試験という形で理解度の説明は簡単です。

それでは、ビジネス書や自己啓発書、はたまた小説や古典は?

理解=分かる、と置き換えると

本の内容を理解したと言える状態は、自分なりに本の内容が分かった、納得した感がある状態、と言えそうです。

でも、本は、数日経つと細かい部分が、数ヶ月経つと大まかな話の流れが説明できなくなります。それって、本当に理解したと言えるのでしょうか。

本の内容が自分の中に定着=理解

本の内容を説明できないということは、理解できていないから、つまり読書できていないことになるのでは無いでしょうか。

本の内容が何らかの形で自分の中に定着してこそ、理解した、読書したと言えるのではと考えます。

勿論、丸暗記という意味ではありません。

どうすれば自分の中に定着するか

それでは、どうすれば自分の中に定着するのでしょうか?

実践してみる

ビジネス書や業界誌などで有効な方法です。

読んだ内容を実践してみることで、自分の中に定着させる可能性が高まります。

「身につく」状態ですね。

内容を説明してみる

どんなジャンルの本でも有効な方法です。

読んだ内容を周りの人に説明してみることです。説明ができなければ理解できていないのは明白ですし、説明しようとすることで思考が整理されて理解できたりします。

繰り返し読んで自分の中で消化する

こちらもジャンルを問わず有効と思います。特に答えの出難いテーマに有効と思います。

まとめ

何らかの意識を持って読書をすると、一味違った読書体験が得られます。

せっかく時間を使って読書をするので、生きた時間になる読書をしたいものです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

今日の記事は完全に内なる思考の世界です。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!