確定申告の無料相談に行くなら事前に準備したいこと

確定申告の無料相談に行くなら、事前にきちんと準備をしておくと、一回の相談で効率良く確定申告を終わらせることもできます。

医療費は事前に集計しておく

医療費控除を受ける場合は、医療費の領収証を事前に集計しておきます。

受診者毎、病院毎に領収証の金額を合計して、メモしていきます。

医療費集計メモの例です

無料相談会場では、医療費の領収証を全てチェックされることはなく、メモで用意した金額がそのまま確定申告書に記載されます。

医療費で分からないことは、こちらから聞くようにしましょう。

不動産所得や事業所得などもなるべく集計しておく

不動産所得や事業所得がある方は、収入や経費について事前に集計しておくと良いです。

集計せずに無料相談会場に持ち込んでも、その場で集計をするよう言われるだけですので、その分後回しにされます。

不動産所得なら収入の内訳

事業所得なら月別売上(収入)金額及び仕入金額、給料賃金の内訳、専従者給与の内訳

不動産所得、事業所得ともに、減価償却費の計算

以上の項目は最低限記入しておき、その他もなるべく記入しておくと当日の相談がスムーズです。

忘れずに持って行くもの

昨年の申告書

昨年の申告書控を持参すると、今年の確定申告を行うための参考になるので相談員に喜ばれます。

認印

申告会場によっては書面で提出の場合がありますので必要です。

源泉徴収票、控除証明書

源泉徴収票や控除証明書は、無いと申告ができませんので、全て漏れなく持参するようにします。

マイナンバーのコピー

平成28年分の確定申告から、マイナンバーの記入が必要になります。

申告する人はもちろん、扶養控除や配偶者控除を受ける方についても必要です。

通知カード(緑色の薄いカード)を持っている場合

・通知カード裏表のコピー

・身分証明書(運転免許証など)のコピー(申告する本人のみ。扶養控除や配偶者控除分は不要。)

マイナンバーカードを持っている場合

・マイナンバーカード裏表のコピー

還付金の受取口座の情報を用意しておく

申告の内容によっては、税金が戻ってくることがあります。

戻ってくる税金(還付金)は、指定口座に振り込まれますが、口座情報を確定申告書に記入することで口座の指定を行います。

特に、代理で無料相談会場に出向く場合には、口座情報が直ぐに分からないことがあります。

医療費控除やふるさと納税など、税金が戻ってくる可能性が高い申告内容の場合には、事前に口座番号を用意しておきましょう。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

バイキングに行くとついつい食べ過ぎてしまいます。

お腹周りが少しキツくなった気がしますが、怖くて体重計に乗れません・・・。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!