年金を貰っている両親や祖父母でも、扶養にすることができる場合がある

扶養控除(ふようこうじょ)は、一定の親族を申告すれば、税金の負担が軽くなるものです。

両親や祖父母の収入が一定額以下であれば、両親や祖父母を扶養控除の対象として申告できます。

本記事では、一定の親族である両親や祖父母が年金収入のみの場合に、意外と扶養控除の対象となる場合をまとめてみました。

一定の親族とは?

一定の親族とは、専門用語で

「生計を一(せいけいをいつ)にする親族」

と表現されているもののことです。

・同居している

・同居してなくても、生活費や学費などの

仕送りをしている

親族が「一定の親族」です。

65歳以上は年金収入158万円以下なら扶養OK

65歳以上の両親、祖父母、曾祖父母の場合は、年金収入が158万円以下なら、扶養控除を受けることができます

よくある誤解で、年金収入が103万円を超えてるから扶養控除がダメだ、という話を聞きますが、65歳以上なら103万円ではなく、158万円です。

年金は2ヶ月に1回振り込まれますので

1回あたりの年金収入額が263,333円以下

が、扶養控除がOKな目安となります。

ここでいう年金収入額は

・介護保険料

・後期高齢者医療保険料

・源泉所得税

・住民税

が引かれる前の金額です。

手取り(振込額)ではありませんので、お気をつけください。

また、65歳以上かどうかの判定は

その年の1月1日現在の年齢

で判定します。

平成29年の年末調整や確定申告なら、平成29年1月1日現在の年齢が65歳以上(=昭和28年1月1日以前に生まれた方)が65歳以上となります。

え?昭和27年12月31日以前じゃないの?と思われた方は、最後に理由を書きましたので、ぜひお読みください。

65歳未満は年金収入108万円以下なら扶養OK

65歳未満の両親、祖父母、曾祖父母の場合は、年金収入が108万円以下なら、扶養控除を受けることができます。

よくある誤解で、年金収入が103万円を超えてるから扶養控除がダメだ、という話を聞きますが、65歳未満なら103万円ではなく、108万円です。

年金は2ヶ月に1回振り込まれますので

1回あたりの年金収入額が180,000円以下

が、扶養控除がOKな目安となります。

ここでいう年金収入額は

・源泉所得税

・住民税

が引かれる前の金額です。

手取り(振込額)ではありませんので、お気をつけください。

また、65歳未満かどうかの判定は

その年の1月1日現在の年齢

で判定します。

平成29年の年末調整や確定申告なら、平成29年1月1日現在の年齢が65歳以上(=昭和28年1月2日以後に生まれた方)が65歳未満となります。

え?昭和28年1月1日以後じゃないの?と思われた方は、最後に理由を書きましたので、ぜひお読みください。

遺族年金などは金額に関わらず扶養OK

年金のうち

・遺族厚生年金

・遺族共済年金

・遺族基礎年金

などの「遺族年金」と言われるものや、年金と似ているもので「恩給」を受け取っている方もいると思います。

これらの年金や恩給を受け取っている両親、祖父母、曾祖父母は、金額に関係なく扶養控除を受けることができます。

(これらの年金や恩給と合わせて、老齢基礎年金などの一般的な年金を貰っている場合は、一般的な年金についてのみ前述の方法で判定します。)

これらの年金や恩給は、所得税が非課税とされています。

非課税とされているものは、扶養控除の判定上は収入に含めないきまりがあるため、このような取り扱いになっています。

年齢の判定について

先ほど、平成29年1月1日現在の年齢が65歳以上かどうかの判定を

・昭和27年12月31日以前

ではなく

・昭和28年1月1日以前

である、と説明しました。

このようになる理由は

法律上は、誕生日の前日深夜12時に年をとる

ことになっているためです。

つまり、昭和28年1月1日生まれの方は

法律上は平成28年12月31日に65歳

となりますので

平成29年1月1日現在の年齢は65歳

である、ということです。

ややこしい理屈を書きましたが

平成29年の年末調整や確定申告は、昭和28年1月1日以前生まれが65歳

と丸呑みしてしまってOKです。

ちなみに、学校で、(4月1日から翌年3月31日ではなく)4月2日から翌年4月1日に生まれた子が同じ学年になるのも、同じ理由です。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

本日は、午前中は面談2件、午後はビッシリ研修でした。

誘われるままに参加した研修でしたが、いい刺激をうけることができた研修で、有意義でした。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!