過去に上場株式等の譲渡損がある場合は、何も動きがなくても確定申告を行おう

平成26年分、平成27年分のいずれかで、特定口座などで生じた譲渡損を申告している方は、平成28年分の確定申告を行ったでしょうか?

平成28年は売買もなかったし、配当も申告する気がないから何もしない、と考えているあなたは、今すぐ確定申告書を書き始めてください。

譲渡損失の繰越

特定口座や一般口座で上場株式の売買を行った結果、譲渡損が発生した場合、将来3年間において、譲渡益や配当と相殺することができます。

例えば、平成28年分の譲渡損失は、平成29年分〜平成31年分の譲渡益や配当と相殺できます。

相殺された譲渡益や配当は、無かったことになりますので、天引きされた税金が戻ってきます。

株式投資をされている方なら、ぜひ覚えておいて欲しい制度です。

譲渡損失の繰越は確定申告書の提出が絶対条件

譲渡損失の繰越はとても有難い制度ですが、条件が一つあります。

それは、他に申告するものが特に無くても、毎年確定申告を提出する必要がある、ということです。

先ほどの例では、平成29年分にて株式取引も配当も無く、申告する理由が全くなかったとしても、平成28年分の譲渡損失を平成30年分に繰越すために確定申告が必要です。

ただし、譲渡損失の繰越3年目、先ほどの例で言えば平成31年分は、確定申告を行っても平成32年に繰越せないので、確定申告を行う意味はありません。

確定申告書の提出を忘れると譲渡損失が消滅する

確定申告書の提出を忘れると、譲渡損失の繰越しをしなかったことになりますので、譲渡損失が消えて無くなってしまいます。

先ほどの例で、平成29年分の申告を忘れてて、平成30年分で株式でめちゃくちゃ儲かったときには、目も当てられない結果になります。

平成28年に何も取引がなかった場合は、これだけ書いて直ぐに提出!

平成26年分か平成27年分の確定申告で譲渡損失の申告があり、平成28年分は何も取引がなかった場合の申告書の書き方です。

確定申告書付表(上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除用)

次のように、平成27年分の付表に書いてある金額を平成28年分の付表に転記します。

平成25年分の譲渡損失は、平成28年で3年目ですので、平成29年に繰越できません。

付表も繰越せないような書式になっています。

平成26年分と平成27年分の損失額を右端の列にも書いて、合計を(A)欄に書きます。

確定申告書第三表

先ほどの付表の(A)の金額を、第三表のマル88番(赤い枠で囲った欄)に書きます。

提出は?

次の書類を提出すればOKです。

平成28年分からマイナンバーの記載と、マイナンバーが分かるもの(通知カードなどのコピー)と本人確認書類(運転免許証など)のコピーも申告書に付ける必要があります。

・確定申告書B(第一表、第二表、先ほどの第三表)

※給与や年金がある場合は、第一表と第二表に記入する必要があります。

・先ほどの付表

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

明日はもう金曜日。

この一週間は、時間の流れをとても早く感じました。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!