資本性ローンの経理処理 勘定科目は何を使えば良いのか?

資本性ローンについて、簡単な紹介、経理処理、その他注意点についてご紹介します。

資本性ローンとは?

資本性ローン(資本性借入金)とは、融資制度の一つで、日本政策金融公庫で取扱いがあります。

資本性ローンの主な特徴は

・無担保、無保証

・返済期限が長め(最短でも5年1ヶ月以上)

・元本は期日一括返済なので資金繰りに有利(金利は毎月払い)

・金利は儲かっていないと格安、儲かりだすろ割高。まるで配当のよう。

・他の金融機関が決算書を評価するときは資本(純資産)扱い

・企業が破産等したときの返済順位が低い

などなど。

特徴的なのが、「金融機関が決算書を評価するときは資本(純資産)扱い」ではないでしょうか。

どういうことか図にしますと・・・。

こういうことです!

純資産は企業の取り分を意味しますが、これが大きければ大きいほど、企業の安全性が増します。

借金が多い(負債が多い)より、純資産が多い方が、貸し手(金融機関)としては安心です。

なので、経済的には借入金以外の何者でもない資本性ローンが、金融機関が評価するときだけでも純資産扱いにしてもらった方が、企業の評価は良くなるはずです。

企業の評価が良くなる→格付けが上がる(又は、下がらない)→融資を受けやすくなる

ということです。

資本性ローンの経理処理

資本性ローンの経理処理は、借入実行時に「長期借入金」として計上し、支払った利息は「支払利息」で計上する。

これだけです。

資本性ローンという名前から、何か資本っぽいし、借入金じゃなくて資本金?とか思ってしまいそうですが、資本っぽい借入金ということで、どこまで突き詰めても借入金です。

なので、長期借入金でOK。

あ、借入実行時に短期借入金は使わないでくださいね。

償還日まで残り1年以下になった決算期で、長期借入金から短期借入金へ振替しましょう。

金融機関に融資申込みをするときは、資本性ローンだというアピールもお忘れなく。

ただの借入金扱いされたら悲しいですからね。。

何でしたら、勘定科目内訳書に次のように書いておくと良いかもしれませんね。

※実際に記入する際は黒字でお願いします!

まとめ

資本性ローンの簡単な仕組みと経理処理などについて解説いたしました。

活用の際には、資本性ローンの特徴を生かし切るようにしたいものです。

||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

久しぶりにプロフィールを更新してみました(まだ未完成)。

プロフィール
管理人 岡田 和己(おかだ かずみ) 当ブログは2016年10月15日より2018年2月10日まで殆ど毎日更新 2018年2月...

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!