赤坂迎賓館は意外にも気軽に見ることができます

迎賓館赤坂離宮は、主に外国の賓客に対して接遇を行うための施設です。

その性質上、一般人には縁の無い施設と思いがちですが、普通に一般公開されています。

ジョギング帰りの汚い身なりでも中に入ることができます。

迎賓館について

迎賓館は東京と京都にあり、東京の迎賓館は赤坂にあります。

赤坂と言っても、最寄駅は四ツ谷駅だったりしますが。

四ツ谷駅を下車し、外堀通りを南に5分ほど歩くと、その荘麗な建物が見えてきます。

赤坂の迎賓館は、1909年に建造されたそうです。ネオバロック様式という西洋風の建物です。

都会の真ん中に突然現れた異次元空間の如く、不思議な感じがします。この場所だけ、どことなく明治の薫りがしてきて、タイムワープした気分です。

たまたまですが、入り口手前の公園でバグパイプの演奏をしている方がいて、更に気分が盛り上がります。

建物内は事前予約が必要

迎賓館の建物内に入るには、事前予約が必要です。

予約は内閣府ホームページから。

定員を超えると抽選です。本日(4月29日)だと、6月22日以降の入館につき申し込みができるようです。

筆者が迎賓館を訪れた際は、団体の観光客で一杯でした。迎賓館が組み込まれたバスツアーがあるのですね。

入館料は大人1,000円、中高生500円、小学生以下は無料です。

前庭は予約なし・無料で入ることができる

迎賓館の前庭は、予約なしで入ることができます。しかも無料です。

入り口で手荷物チェック、金属探知機によるチェックがあります。

またペットボトルを持参している場合は、危険物でないことの証明のため、その場で一口飲むよう促されます。

筆者が訪ねた時はランニング姿だったので、係りの人に「念のためですが、館内は走ることができませんので」と申し訳なさそうに説明されました。さすがに走りませんけど・・。

入り口さえ通過すれば、あとは自由に見てまわることができます。迎賓館の建物にも、かなり際まで近づくことができます。

見ているとうっとりします。都心にいることを忘れてしまいそうです。

更に近づきます。

装飾が凝っています。

真ん中の紋章は桐紋(きりもん)です。日本国政府の紋章だそうです。

上の方には菊花紋章が確認できます。

迎賓館を背中に前庭を眺めてみます。

左の方に赤いテントがありますが、そこでは軽食やお茶をいただけます。

迎賓館を眺めながら優雅なティータイムも素敵ですね。

お庭の手入れも行き届いています。

心が洗われるようです。

都会のオアシスとも言える迎賓館赤坂離宮。

前庭までなら気軽に立ち寄れますので、是非行かれては如何でしょうか。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

とある施設で無料の手相鑑定を行っていたので、見てもらいました。

鑑定結果は、起業家らしい手相だが、お金は儲からないという何とも微妙な結果でした。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!