取引は相殺前の金額で計上しよう 〜総額主義と純額主義〜

取引を計上(会計ソフトに入力)するときは、相殺前の金額で行いましょう。

ちょっと面倒ですけどね。

どのように計上するか

得意先から材料を有償支給されて売上を挙げた場合で考えてみましょう。

売上高は1,080,000円、材料(仕入高)は648,000円、得意先からは売上と材料代を相殺した金額432,000円が入金されたものとします。

入金額をそのまま計上すると、こんな感じです(このことを「純額主義」と呼びます)

(会計ソフトはfreeeを使用しています)

この入力方法は正しくありません。正しくは、次のように入力します。

まず、売上1,080,000円を計上します。

次に仕入高648,000円を計上します。

このような計上方法を「総額主義」と言います。

損益計算書の表示の違い

それでは、先ほど入力した2つの方法毎に損益計算書を見てみましょう。

入金額をそのまま売上計上した場合

売上、仕入をそれぞれ計上した場合

どちらも売上総利益(粗利益)は同額です。

じゃあどっちでも良いじゃないか、と思いますが、違います。

なぜ相殺前の金額を計上するのか?

それでは、なぜ相殺前の金額を計上するのでしょうか。

規模、ボリュームを正しく表現するため

一つ目の理由は、取引の規模、ボリュームを正しく表現するためです。

先ほどの例の場合、相殺後の金額で売上を計上した結果、損益計算書上は売上が432,000円と表現されます。実際には1,080,000円の売上を上げているのにも関わらず、です。

例えば、年商100億円企業の損益計算書は、売上が100億円と記載されています。

仮に材料代が60億円ある場合、差し引きして売上40億円などと表現することは決してしないはず。

どのような商売のやり方を行っているかを表現するため

相殺前の金額だけ計上すると、売上高しか表現されません。

これでは、粗利率がわかりませんね。

試算表や決算書は、銀行など利害関係者に見せる目的もありますが、経営者自身で見ることで、会社に起きていることを判断する目的もあります。

相殺前の金額だけで計上すると、利害関係者や経営者自身の判断が大きく狂う可能性があります。

消費税の計算に影響するため

売上を相殺後の金額で計上していると、消費税の計算に影響することがあります。

それは、消費税の計算を簡易課税で行っている場合です。

簡易課税とは、ざっくり言うと売上高のみで消費税額の計算を行う方法です。

例えば製造業なら、税込売上高×108分の8×30%と計算します。

売上高のみで消費税額が決まると言うことは、相殺後の売上高で計上すると、消費税額が過少となることにお気づきでしょうか?

同じ取引なのに、純額主義の売上高(432,000円)、総額主義の売上高(1,080,000円)の其々で納める消費税額が異なることになります。

それはおかしいので、総額主義(1,080,000円)で売上を計上します。

総額主義は殆ど全ての取引に適用される

相殺前の金額で計上する(=総額主義)は、売上に限らず殆ど全ての取引に適用されます。

唯一適用されない取引は、有価証券の売却損益ぐらいです。

(有価証券の売却損益は、相殺して(=純額主義で)計上することになっています。)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

ブログを税務記事系と雑記系の2つに分けるべきか悩み中です。

どちらが良いのやら・・。

ブログ村ブログパーツ
||||||||||||||||||||||||||||||||
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッとクリックして頂けると嬉しいです!
↓↓↓こちらをクリック♫
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

この記事、まぁまぁ良いかなと思って頂いたら、次のボタンを押して頂けるとかなり嬉しいです♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このブログを定期的に読んで頂ける場合は、下のアイコンをクリックしてみて下さい!